【投資】結局楽天ポイントでの購入投信もiTrust新興国株式にしました。

スポンサーリンク
Pocket

先日サブ証券口座として申し込んだ

楽天証券の口座開設が無事完了したので

楽天スーパーポイントで

投資信託を金額買付することにしました。

色々と考えたのですが

結局のところ

楽天スーパーポイントでは

iTrust新興国株式を買付していくことにしましたよ。

スポンサーリンク

手数料が比較的低くてバランスの良い投信もあるんだけど。


最近はつみたてNISAのおかげで

いろいろな投信会社がこぞって手数料を下げてきています。

バンガードさんの米国ETFに比べれば

それはお高いかもしれませんが

わざわざドルに両替したり

自分で発注かけないと駄目だったり

という手間を考えれば

一度積立設定してしまえば

投資原資が尽きない限りは

継続できる国内投信の手数料が低くなってきているのは

顧客としては嬉しいことです。

それにベンチマークに連動する

手堅いインデックス投信なんかも

ほとんどの投信が

長期投資に推奨されないような環境でも

絞り込めばあるじゃないですか。

ただ何か目論見書とかを見てても

胸のエンジンに火が点かないんですよ。

やっぱり労働人口増加国に期待したい


何度でも言いますが

私は人口ボーナスが発生する国に期待しています。

人口がいる(特に若い世代)ということは

当然のことながら消費が多くなるということです。

AIやロボットが増えたところで

消費電力ぐらいは増えるかもしれませんが

人間よりは低コストでしょうしね。

消費が多いということは

経済が活発だということだと考えるので

そこに投資すれば

長期的に見ればリターンがあるだろうという

目論見なわけです。

人口オーナス状態の国には

余り期待できないのですよ。

余り日本では強く報道されていませんが


今週末に日印の首脳会談が行われていますよね。

外務省のホームページへ行けば

日印共同声明の仮日本語訳版も見れますが

各方面での日本からの支援、協力体制を敷いていくという

方向性で話が進んでいるように見えます。

日本から多くのインド企業に

直接株式投資できる環境はないのですが

iTrust新興国株式は構成内容で

インドの比率が高いですからね。

インド株専門の投信もありますが

ちょっと軒並み手数料が高すぎるのが

気に入らないのでね。

日本からインドの株式に

直接投資できる環境が出来ると

非常に嬉しいのですが

そのころにはインドは世界の経済大国になっている

だろうなぁと思う次第です。

あまり増やし過ぎても訳が分からないので


資産を管理するうえでも

銘柄が増えすぎるとチェックが雑になったりするので

とりあえず国内投信は

iTrust新興国株式

iFreeS&P500

iFree8資産バランス

ひふみプラス

の4つに絞っていくようにします。

さてさてどれが最終的にパフォーマンスが良くなるか楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top