【雑記】やはりお金の知識は必要だと年金のニュースを見て思う。

スポンサーリンク
Pocket

先日厚労省が10万人以上に

600億円近くの年金支給漏れがあったと発表し

ニュースになっていましたね。

このニュースを受けて

やっぱりお金の知識は必要だよなと

あらためて認識しました。

スポンサーリンク

安易に批判するつもりはない


また年金での不祥事かと

思う部分もありますが

基本的には人間のやることなので

意識的なのか無意識なのかは

分かりませんが

支給漏れがあったのなら

あらためて支給すればいいじゃないというスタンスです。

個人的にほとんど年金はもらえないものだと思っていますし

給料から天引きされている税金に

プラスαされているものだと思っていますので(苦笑)

それに年金をもらわなくても生活できるほどの

不労所得があるのであれば

最悪貰わなくても良いかなぁとも考えているので

その域に達したいものです。

今回の年金未払い原因の一部


ニュースによれば今回支払われていなかったのは

公務員などの共済年金受給者が9割以上で

共済組合と日本年金機構の情報共有不足により

加給年金の振替加算が実行されていなかった

というのが問題だったようです。

たしか社会保障分野ってマイナンバーで

紐づけするんじゃなかったの?

という話な気がするので

大分お粗末な状況だったようですね。

この制度を正確に説明できる日本人は全体の何%なの?


それはさておき

私が問題だよなと思うところは別で

日本人の中で

「加給年金の振替加算」について知っていて

正確に説明できる日本人は何%いるのよということです。

少なくとも私はファイナンシャルプランナーの学習をするまでは

恥ずかしながら知らなかったですよ。

ちなみにうちの親は年金をもらい始めるときに

自分で調べて、こういう制度があるということで

貰うための申請などを年金事務所に行ってしていたようですが

おそらくそういうパターンも稀で

大半の日本人は

一定の年齢になると自動で年金がもらえる

程度の認識なのではないでしょうか。

だから本来貰えるはずの年金額よりも少なくとも

気付かないというか

知識がないのだから気付けない

といったほうが正確なのかもしれません。

お金に関する制度は素人には複雑だったりする


別に年金に限った話ではないですが

助成金やら補助金やら○○支援制度など

いろいろとお金に関する制度はあったりしますが

慣れていないと結構難解だったりします。

私も国や県、市町村から家を建てた際に

それなりに補助金をもらいましたが

分からないところは各所に問合せしましたしね。

それに聞かないとその制度自体を教えてくれない

場合なんかもあったりしますから

貪欲に自分から調べる姿勢が大切ではないのかなと。

日本はマネーリテラシー教育が

穴から抜け落ちたように実施されませんので

自力で学習するしかないのです。

年金の件もそうですが

投資による資産運用についても

お金に関する知識がないと

損をすることは間違いなさそうなので

日々更新される状況についていけるように

努力しなければいけませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top