【投資】NISAについて考えてみる

スポンサーリンク
Pocket

NISAは平成26年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。

今回はこの制度について考えてみたいと思います。

NISAって何


少額投資非課税制度のことです。その愛称がNISAということになっています。

NISA口座(非課税口座)を作ることによって

その口座内での株式や投資信託への投資に対する売却益と配当への課税を、

年間120万円を上限に非課税とする制度のことです。

その概要については

金融庁のNISA特設サイトが非常にわかりやすいです。

一部を抜粋して紹介すると

利用できる方 日本にお住まいの20歳以上の方(*1)(口座を開設する年の1月1日現在)
非課税対象 株式・投資信託等への投資から得られる配当金分配金や譲渡益
口座開設可能数 1人1口座(*2)
非課税投資枠 新規投資額で毎年120万円が上限(*3) (非課税投資枠は最大600万円)
非課税期間 最長5年間(*4)
投資可能期間 平成26年~平成35年

*1 …0歳~19歳の方は、ジュニアNISA口座をご利用いただけます。詳しくはジュニアNISAページをご覧ください。
*2 …NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更可能です。ただし、開設済みのNISA口座で既に株式・投資信託等を購入している場合、その年は他の金融機関に変更することはできません。
*3 …平成27年以前分は100万円。未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできません。
*4 …期間終了後、新たな非課税投資枠への移管(ロールオーバー)による継続保有が可能です。

出典:金融庁ウェブサイト (http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa/overview/index.html

ということになっています。

そもそも国内の税制の沿革ってどうなってるの?

財務省のホームページ(参照)を見ると非常に分かりやすく

昭和22年度からの利子・配当・株式譲渡益課税の沿革にのっていますが

平成25年末に大幅に税制が変更になっていることが分かります。

それを見るとNISAが出来る(平成26年1月)前のタイミングで

  • 上場株式等の配当等(大口以外)に係る10%軽減税率[所得税7%、住民税3%]
  • 上場株式等の配当等(大口以外)に係る源泉徴収の10%軽減税率[所得税7%、住民税3%]
  • 上場株式等の譲渡所得等に係る10%軽減税率[所得税7%、住民税3%]
  • 特定口座における源泉徴収に係る10%軽減税率[所得税7%、住民税3%]

が全て平成25年末で廃止になっていることが分かります。

いや、これ残した上でNISAも作ってくれれば良かったのにとは思いますが

法律で決まっている以上は仕方ありません。

というか昭和28年から昭和63年までは株式譲渡益って原則非課税だった

というのを初めて知りました。

やはりお金の学習は大切ですね。

NISAのメリット・デメリットを考える


当然メリットとしては

NISA口座内での利益が非課税になるということですが

デメリットについてよく考えてみます。

1人1口座しか作れないというのは別に問題ないと思っています。

複数の金融機関で作れたらそれだけ管理コストが上がって

日本の場合はそれが投資家のほうに全て転嫁されてしまう恐れがあるので(苦笑)

特に問題なのは損益通算が出来ないってことではないでしょうか。

他の特定口座や一般口座とは出来ないっていうのは100歩譲るとしても

NISA口座内での複数年の損益通算ぐらいは認めてくださいよと思うのですが。

また制度としての不満としては

非課税投資枠の未使用分の翌年繰り越しが不可だとか

売却・払い出し分は再利用不可だとか

5年後に利益が出ていた場合のロールオーバーが

非課税投資枠分のMAXまでしかできないとか

色々ありますがこれらは今後変更になる可能性もあるので

注視していこうと思います。

NISAの活用方法を考えてみた


私の結論としては

引き出し可能な定期預金代わりに使う

ということでした。

非課税投資枠が再利用できない以上

短期的な株式売買などの利用には向いていないと考えます。

ということであれば

買付手数料が無料、

信託財産留保額や解約手数料も無料で

トータルリターンが長期でプラスを出している

投資信託を定期購入しておいて

ある程度まとまった金額になったところで

売却し他の投資に回すっていうのが良さそうかなと。

とはいえ投資信託も必ずプラスになるわけではありませんので

その辺の判断は自己判断でしていくしかありませんね。

そのあたりもきちんと学習していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top