【英国株】HSBCホールディングスADR(HSBC)株を購入しました。

スポンサーリンク
Pocket

毎月の収入から海外株投資の原資に回している分が

1,200US$を超えてきましたので

次の株式を購入しました。

今回はHSBCホールディングスADR(HSBC)です。

49.1US$で30株購入しました。

スポンサーリンク

日本ではあまり馴染みはないですが


HSBCホールディングスは英国のメガバンクです。

日本にも一時期進出してきたようですが

日本の金融関係の慣例だったり

日本のお金持ちの外資系への抵抗感だったり

といった要因が足を引っ張って

投資するコストにリターンが見合わなかったのか

個人向けのサービスは撤退してしまっています。

後は海外口座を日本の支店から開設取次ぎなどをしていたために

圧力がかかってなどという噂もありますが

真偽については良く分かりません。

いずれにせよ日本人にとっては

一部の方は香港やシンガポールで

HSBCの海外口座を持っているかもしれませんが

馴染みがないのは間違いありませんね。

ただ馴染みがないといっても

世界最大級のメガバンクであることは間違いありません。

今回買った株の不労所得見込み


年間配当は1株当たり2.55US$(2017年10月25日現在)

ということなので見込みとしては30×2.55で

今後は年間76.5US$が不労所得で入ってくることになります。

英国株のADRなので米国株のような

現地での10%課税がないという解釈ですが

間違ってないですよね。

あ、ADRだと管理手数料も取られるかな。

配当受取時に確認してみるとして

国内税金だけだとすると

60.95US$が手取り収入になるかと推定されますが

米国の配当株とは違い

HSBCの過去の配当は景気変動に

大きく左右されているようですので

どうなっていくでしょうか。

なんで今回は英国株なのか?


いや、ぶっちゃけた話をしますと

ADR銘柄を買ってみたかったんですよね。

で、色々と調べてみると

英国株のADRは現地源泉税率が0だといいますし

買ってみても面白いかなと。

HSBC自体配当利回りとしては5%ほどありますしね。

どうせだったら景気変動で影響を受ける銀行株で

どういう変動をしていくのかというのも

見ていきたいななどという思惑もあったりします。

何事も経験ですので。

本当はJNJとかKOも買いたいんですけど

利回り的にお得感が少ないんですよね。

日本国内の銀行預金なんかよりは

はるかにましなんですけどね。

とりあえずは少額でもコツコツと

配当金を積み上げていけるように

頑張っていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top