【雑記】株の選定センスが欲しい

スポンサーリンク
Pocket

日経平均株価がガンガン上がっていっているのは

景気的な面からすれば好ましいのかもしれませんが

最近国内株の銘柄選びに四苦八苦しています。

スポンサーリンク

まだまだ経験値不足だわー


国内株銘柄については

基本的に年初来高値をトリガーにしています。

が、そこからチャートを見ると

だいぶ右肩上がりになっていたり

急に動きがあったとしても

そこまでの材料が見当たらなかったりして

ジャンピングキャッチになってしまう恐れから

なかなか手が出せません。

テクニカルでもファンダメンタルでも

いざというときは感覚に頼ってしまう部分があるのですが

もう少し精度を上げていきたいなぁとは思っています。

日経未来投資プログラムで取り上げた

鎌倉新書や総医研については

うまくいった部類だと思っていますが

実際はもっと早いタイミングで入るチャンスはあったわけで

その辺を気づけるようになりたいなぁと。

最近の反省で言うとセメダインですかね。

最近高騰する前にちょっとだけ動きがあった日が

10月の中ごろにありましたよね。

その時点で目に入ってたんですよ。

でもそのままスルーしてしまったわけで

それは縁がなかったと思うしかないわけです。

たらればですが

打診買いでもしていれば結果は違った可能性もありますし。

そういうことを考えれば

まだまだ研鑚しないといけませんね。

資産が減ったわけではないので

まだチャンスはありますし

次にほかの銘柄で同じような動きがあった場合には

機会を見逃さないようにしたいなと。

国内株用資金の現金率が高めになっています。


長期保有予定で1銘柄持っているだけで

他のポジションは全部はずしている状況です。

また投資信託もありますが積立ですので

全体金額からすれば1割程度になっています。

それほど大きい金額ではありませんが

国内株用の資金の6割程度が

現金の状態になっているので

いい感じの銘柄があれば

ポジションを持ちたいなという気持ちがあります。

別に暴落まで待っているつもりもないですからね。

ただ焦って購入してもろくなことはなさそうなので

個人投資家に許されている最大の武器として

選定に時間をかけてもいい

ということを肝に銘じて調べています。

ともかく極力資産を減らすことなく防衛しながら

増やしていけるように

買えなかった銘柄も含めて反省しながら

経験値をためていくしかありませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top