【雑記】手取り収入がまた減るのか・・・だったら抗わなければいけない。

スポンサーリンク
Pocket

何の話かといえば給与所得控除が見直しで

減額されるかもしれないという話です。

なんで増税という手段しか取れないのかは知りませんし

はいそうですかと素直に納税するのも気に入らないのですが

給与から源泉徴収されてしまうサラリーマンは

つらいとしか言いようがないです。

スポンサーリンク

これって長期的に見たら絶対に景気悪くなるよね


今は何だかんだで景気自体は良いように思いますが

今までも控除が減って税金が上がっていったり

社会保険料や厚生年金保険料とか介護保険料とか

地味にジワジワジワジワと

真綿で首を締めるように

手取り収入を減らしてくれているわけですが

それを認識していない人が多すぎるんでしょうね。

私は月々の明細を見ては税金や保険料の

天引き額を見ては

ため息をついているような感じですが

ここからさらに減らされるとしたら

たまったもんじゃないですよ。

取りやすいところからまきあげるというのは

今までもそうでしたが

余りにもやり過ぎれば

生活が成り立たなくなる人たちも

出てくるのではないかと。

賃金は頭打ちなのにそこから引かれる

税金関係や保険料関係がガンガン値上がりして

手取り収入が減れば

それだけ支出できなくなって

さらに支出すれば消費税でとられるって

消費を冷え込ませるだけな気がしてならないです。

だって効果としてはデフレ状態と変わらない

スパイラルが発生するでしょう?

本当に物価上昇率2%を目標としているなら

こんな話出てこないんじゃないのかなぁ。

まぁおそらくはどこぞの省庁が(略)

・・・愚痴っぽくなるのでここでやめておきます。(苦笑)

投資による資産運用がさらに大切に


ここを読んでいる方々は

既に何かしらの方法で

自分の資産を運用している方が多いと思います。

手取り収入がどんどん

減らされていってしまう以上に

リターンをあげていくのが理想ですが

そうでなくとも

インデックス投資でも配当再投資でもいいので

ディフェンシブな投資をしていかないと

未来に待っているのは

頑張って働いても働いても

欲しいもの一つ買えないような

貧困状態に陥るという悲観的な予測が

成立してしまいそうな状態です。

流石にカジノで一発当てようとか

そういうギャンブル的なものについては

あまりお勧めはできませんが

地味でも一歩一歩積み上げていくような

運用方法を取っていくことが

ことさらに重要になってくるのだろうなぁと。

しかし年間ウン十万単位で手取りが減ったら

投資原資の確保にも支障が出るので

さらなる節約法や

給与所得控除が減るならば

サラリーマンだったとしても

確定申告での必要経費申請なども

学習していかなければいけませんね。

少しでも手元に残るように抗わなければ

生き残れませんから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top