【投資】投資は身近なところから考えるのがいいかも

スポンサーリンク
Pocket

SBI証券のページを見ていたら

比較的良記事があったので紹介しておきます。

投資については身近なところから考えていくのが

慣れていくのにはいいかもしれません。

記事についてはこちら

ブランドと社名、つながっていますか?

(SBI証券のページに飛びます)

スポンサーリンク

ブランド名と社名は連想しやすいほうがいいよね


実際のところは商品名やブランド名が先行して

メーカーが良く分からないところがあったり

それとは逆にメーカー名は有名だけど

実際には何を作ってるのか良く分からない(こっちは問題だと思う)

ところがありますが

やはり一般の方々が投資行動をとるというときには

身近なところから参加していくのが

一番良いのではないかなと思います。

参考にしている記事は米国株式の場合の話ですが

日本国内での株式についても同様の話ですよね。

自分が良く使うとか、近所にあるとか

周りでよく見かけるとか

そういうところをきっかけにできるのが

個人投資家の強みなのでしょうし。

とはいえ関心を持たないと

ブランド名と企業名がバラバラになっているものには

気付けないので

そういえばこれってどこで作ってるんだろうとか

そういう意識を持つことが重要になりますかね。

 米国株の有名どころには配当貴族、配当王とかもいるし


身近なところからすれば

コカ・コーラとか

プロクター&ギャンブルとか

ジョンソン&ジョンソンとか

家の中に何かしらで入り込んでいますよ。

ただ最近だと株価が高いので

配当利回りが若干低いというのが

悩みの種ですけども

定期的に買い増ししていくということなら

連続増配継続中の銘柄も多いので

悪くはないと思います。

上記の銘柄はディフェンシブ銘柄でもあるので

長期の目線でいけば

リスクも少ないのではないかなと。

日本国内でも連続増配しているということで

有名なところとしては花王とかですかね。

国内株も長期保有の配当目的株として

持てる銘柄が増えてくれればいいんですけど

まだまだ難しいというのが現状でしょうか。

身近で応援したい企業があるならば


あくまでも投資は利益を得る

ということが目的で行うものだと考えています。

ただ自分の周りで応援したい企業があるのならば

その株式を最小単位で保有してみるといったことで

投資による資産運用を考えるきっかけにもなると思います。

投資は自己責任ですが

そうなのであれば

自分に近いところを応援してみるのも良いですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top