【雑記】ボーナスの査定(評価)よりも配当を積み上げたい

スポンサーリンク
Pocket

いまだサラリーマンなので定期的にボーナスの査定結果について

上司と面談があったりするわけですが

正直なところ仕事の評価よりも配当金を積み上げていきたいです。

スポンサーリンク

可も不可もなくな評価


会社からの評価としては現在の等級からすると

中間ぐらいだということを告げられております。

個人的には狙い通りといったところですので

問題ないと思っていますが

人材不足と現場のレベルが低下していることが

否めない環境下においては

既に社歴が2桁年に突入している自分には

さらに奮起してもらえると

上が狙えるのではないかという

非常に曖昧なコメントをいただきました。

人事評価は絶対評価にしたほうが

分かりやすいと思いますけどね。

残念ながら私の会社に対する忠誠心は

三国志の呂布ぐらいのものなので

最低限の力でそこそこな結果を出していくぐらいのものですよ。

責任と報酬の上がり方が不釣り合い


当然職位の等級が上がれば給料も上がるわけですが

やらなければならないこと(責任を取らなければいけないこと)が

上がる給料にたいして多すぎるんですよ。

等級が上がり月額で数千円~1万円程度上がったところで

今の等級のまま少し残業すればカバーできてしまう範囲です。

何よりも等級が上がって

今よりも会社へ拘束される時間が増えてしまうのでは

こちらとしては全く嬉しくありません。

だとしたら配当金を積み上げて行ったほうがよほど効率的


給与のベースアップを狙うよりは

定期的に配当株を購入して

配当金を積み上げて行ったほうが

余程効率的に年間の収入を増やすことが出来ます。

実際に私も米国株式や英国株式については

そういう考え方のもとに購入しています。

まだトータルで7000US$ほどしかなくても

年間で350US$(税引き前)ぐらいの配当見込みですから

%で言えばちょうど5%程度です。

おそらく今後も買い増ししていったとして

年3~5%程度で推移していくのだとは思いますが

年額で同額程度買い増ししていけたとすれば

10年後には配当金で3000US$分ぐらいになるわけですから

ちょっとした節約と今の収入から最大限の投資原資を回せば

給料をアップする努力よりも

少ない労力で給与アップと同等の結果が得られるでしょう。

それに株式の配当は税率が一定ですが

給料は稼いだところで

税金や年金で持っていかれてしまいますしね。

配当金まで増税することはないと信じたいですね。

ということなので、今後も査定を上げることではなく

配当金を積み上げていく努力を継続していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top