【投資】つみたてNISAの設定を完了しました

スポンサーリンク
Pocket

私のメイン証券であるSBI証券での

NISA⇒つみたてNISA切り替えは完了し

12月17日からつみたてNISA設定が可能でした。

既にちらほらと設定されている方もいらっしゃいますが

私も遅ればせながら設定をしてみましたよ。

スポンサーリンク

購入する投資信託


色々と考えてはいましたが、結果としては

iFree S&P500インデックス

ひふみプラス

の2つの投資信託を購入することにしました。

割合としては50%ずつです。

正直なところひふみプラスについては

現状であればパフォーマンスも出ているし

信託報酬が多少割高でもいけるかなというところと

将来的(つみたてNISAで考えれば20年後)に

果たして日本株が好調かという不安が

せめぎ合っていましたが

それほど大きい金額をドカンとつぎ込むわけでもないですので

長期積立であればリスクは低減するかなと思い

組み込むことにしました。

S&P500については

長期目線で見れば今後もプラスリターンでいけるだろうということと

基本的にS&Pのインデックスファンドを買って寝とけというのが

私の生きている間は有用な戦法だろうと信じているからですね。

枠を使い切るために


どうしてもつみたてNISAは

設定枠が40万円とかいう

12で割り切れない数字ですので

33,333円×12とかにしてしまうと

399,996円となってしまい

折角の非課税枠を4円も無駄にしてしまうので

そういう場合にはボーナス設定を利用して

40万になるように調整する必要があります。

私も各月33000円で

ボーナス月のみ35000円にする形で

40万円を使い切る設定にしました。

ただこの仕組みを利用すると

実は40万円を年初に一括投入することも

可能なのではないかと思うのですが

その辺はどういう対応なんだろうなぁ。

長期目線で右肩上がりであると予測するのであれば

年初に一括購入でも20年かければ問題なさそうですが

そもそものつみたてNISAの目的からは乖離しそうですね(笑)

20年後に笑えるか


こればかりはどうなるかは

誰にも予測は不可能ですが

長期積立投資が

資産運用においては

有効な手段であることは

疑うことはないですので

いざ利益確定しようとした際に

たまたま暴落と鉢合わせしないように祈りましょうかね。

まずは毎月コツコツとつみたてしていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top