【雑記】初売りで投資に対する考え方を見直した。

スポンサーリンク
Pocket

今年の初売りでは品切れ気味で

現時点では転売屋から高値で購入するしかない

製品をひょんなことから通常価格で入手できたわけですが

そんな行動をしている間に

投資に通じるものもあるななどと感じたので

書き残してみます。

あ、ちなみに私は転売屋については

きちんと販売側で対処しろというスタンスで

出来る限り利用しないようにしています。

スポンサーリンク

状況として


既に晩御飯も食べ終わり

正月なので酒も入っていたわけです。

たまたまTwitterのTLを眺めていたら

自分の近所の家電量販店で

欲しかった製品の在庫があるという情報が

そして見た時点から1時間前ぐらいのつぶやきでは

ギリギリ入手可能なのではないかと思わせる台数が

残っているという話でした。

一瞬悩む


わざわざ晩御飯も食べて

家としてはもう寝る態勢に入りつつあるのに

その情報だけを見て購入しに行くのはどうだろうか。

仮に行ったとして品切れになっていた場合

時間と交通費を無駄にするぞ。

などとも考えましたが

現時点で次にいつ入手可能な状態になるか分からない

仮に時間と交通費が無駄になったとしても

転売屋から購入するよりは割安だ。

ということで嫁様に断りを入れて

即座に購入しに行きました。

結果としては良い結果を得られた。


店舗についたときに残っていた在庫数は数台。

自分が購入した後に1時間後ぐらいには

完全に品切れになっていたので

ギリギリ間に合ったというところでした。

即座に行動していなければ

機会損失をするところでしたね。

やはり行動するところからしか始まらない


今回の反省点があるとすれば

情報としては朝のうちから流れていたので

昼間にでもチェックできていれば

もっと余裕を持った行動が出来ただろうなということです。

今回の件で言えば売り切れのリスクと

入手できた際の自分のメリット(リターン)を

天秤にかけてメリットの方が大きいと判断したから

行動したわけですが

この動きは投資だって同じですよね。

自分で色々な情報を判断して

リスクとリターンの兼ね合いを見ながら

リターンが大きいと判断するから投資する。

あくまでも投資家としては

その動きを継続していって

上手くいけば良しですし、

上手くいかなければ

何が原因で上手くいかなかったのかを

考えるということを続けていくことが大切だなぁと。

後は情報は早めにつかむのが

やっぱり一番大事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top