【雑記】日本人って実は楽して儲けたい人種なんじゃないか?

スポンサーリンク
Pocket

最近の投資関係の情報を見ていると

仮想通貨・仮想通貨・仮想通貨と

今まで全く投資に関心がなかった層までもが

流入している雰囲気があるようですが

そう考えると日本人って

お金は汚いとかいいつつ

本音としては楽して儲けたい人間が多いんじゃないか

などと邪推してしまいますね。

スポンサーリンク

楽して儲かる投資などないと思いますが


それはねー。

仮想通貨の値上り幅を見れば

他の投資よりも

はるかに多いリターンのように

見えるかもしれませんね。

ただですね。

楽して儲かる投資などないと思いますよ。

とはいえ私も仮想通貨はポジションを持っていますので

余り偉そうなことは言えませんけど

税制上かなり不利なことを理解したうえで

退場しない額を突っ込んで

長期的には相応のリターンがあるだろうと

ホールドしているだけですから。

短期でのジェットコースターみたいな

チャートには付き合ってられません。

そこに投資経験のない初心者が入っていっても

正直なところ狩られるイメージしかわきません。

悪いことは言いませんから

お小遣い程度にしておいたほうがいいでしょうね。

精神的に楽な投資としては

インデックスファンドに長期投資するとか

高配当株を地道に積み増していくとか

はあるかもしれませんが

これらは長期間(最低10年以上)

続けるというのが案外難しい

(どこかしらで一時的な暴落が発生して耐えられなくなるらしい)ですし

基本的には『敗者のゲーム』などでも

述べられていますが面白くもおかしくもなく

悪く言えば退屈です。

実際私も積立でやっている投資信託なんかは

気絶してただ購入を続けているイメージなので

面白くもおかしくないですよ。

お金にコントロールされるのではなくコントロールできるようになりたい。


正直なところを言えば

仮想通貨で短期間でお金持ちになりたいかなりたくないかと問われれば

そりゃ可能ならば成りたいでしょうが

マネーリテラシーが低い状態で大金を手にして

宝くじの当たった人の末路みたいな状態にもなりたくないわけです。

お金自体に善悪はないのですが

資本主義社会ではお金があると

大体何でもできてしまいますから

お金をコントロールしているつもりが

振り回されている可能性もあります。

投資と不労所得の学習と実践を続けていたら

いつの間にか資産が増えていたなぁという状況が理想です。

私もそうですから楽して儲けたい気持ちはわかりますが

そんなことだと足元すくわれますから

地道にお金持ちになる努力を続けていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top