【雑記】資産を一極に全振りするのはやはり怖い。

スポンサーリンク
Pocket

仮想通貨市場が投資初心者を

焼き払おうとする勢いで下落しましたが

こういう状況を見ていると

いくらリターンが大きいと見込まれるとはいえ

資産を何らかの投資先に全振りするのは

危険だなぁということを改めて認識しています。

スポンサーリンク

結局はリスクとリターンの兼ね合い


投資というのは大枠として

リターンが見込める先に出資して

配当金などのインカムを得るか

値上がり益などのキャピタルゲインを得るか

の2つに分かれるものだとは思いますが

結局のところはリスクとリターンをどう見積もるか

ということでしかないのかなと思います。

今回の仮想通貨市場で言えば

値上がり益を狙っている人というのが大多数と思います。

2017年12月頃の急騰で飛びついた

悪い呼び方をすれば、いわゆるイナゴの方々が

急落でパニック売りをしたのかなというのが

私の推測です。

この動きを考えると

大半の方々がリターンに目が眩んで

リスクというものを度外視しすぎ

という点になるのかなと。

ただチャートとしては例年1月には下げが入るという

流れもあるようですから

季節性のもの?ということもありえますが

それについても過去から学ばなければいけないという点を

ないがしろにしてはいけないなと。

仮想通貨はリターンとしては大きかったわけですが

リスクとしてはその通貨の発行者が

売り逃げしたりすれば価値が「0」になる可能性もありますし

ネットワーク上での取引であるので

ハッキングによる盗難などのリスクにもさらされています。

また日本の場合には売却益は

雑所得ということにもなっていますので

税制上もほかの投資に比べてデメリットが多いです。

それらのリスクを勘案しても

なおリターンが大きいのではないかと思って

購入しているのであれば自己責任の範疇かと思いますが

何も考えずに購入しているのだとすれば

それは愚か者のすることですね。

リスクをとれる範囲をきちんと決めていきたい。


仮想通貨ほどではないにせよ

株式や投資信託も当然リスク資産なわけですが

全資産のうちどの程度の割合で

振っていくかということは常々考えていきたいですね。

資産規模が大きくなって来れば

多少なりとも冒険することは可能かもしれませんけど

てっとり早く金持ちになりたいなら

マイナスにならない範囲での

極大リスクをとって

何度でもチャレンジするという手法もあります。

流石にこの手法は妻子持ちである私がとるには

怖すぎるわけなので取りませんが。

投資するということは、

もちろん増やしたいわけですから

どのような手法をとるかは各個人の自由ですが

自分の置かれている環境下において

取れるリスクはどこまでかということを

きちんと考えて大事な資産を割り振っていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top