【読書】『アフタービットコイン 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』

スポンサーリンク
Pocket

今回の本は

『アフタービットコイン 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』

(中島真志著 新潮社)

です。

スポンサーリンク

仮想通貨でビットコインの次に儲かる通貨を教える本じゃない


タイトルからすると

「ビットコインの次にくる仮想通貨教えますよ」

という胡散臭い投資関連情報のように聞こえますが(失礼)

そういう本ではありませんので勘違いなさらないように。

著者の中島氏がはじめにの頁で語っていますが

仮想通貨のブームがまだ続き、ビットコイン本やブロックチェーン本が次々と出版されている中で、「ビットコインはもう終わった」と言わんばかりの『アフター・ビットコイン』という題名の本をあえて書いたのは、以下のような理由によるものです。

1つ目は、ビットコインについては、「通貨の未来を変えるもの」として、非常に美しい姿ばかりが喧伝されていることに懸念を覚えるためです。(中略)

2つ目に、わが国のマスコミでは、ビットコインばかりが脚光を浴びていますが、これから大きな影響を与えるのは、むしろブロックチェーン(分散型台帳技術)の方だと考えるためです。(中略)

3つ目に、このブロックチェーンを使って、世界の中央銀行が「デジタル通貨」を発行しようとする動きがあるということを知って頂きたいからです。(中略)

4つ目に、ブロックチェーンの金融への応用について、詳しい内容を知って頂きたいということがあります。

引用:『アフタービットコイン 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』

(中島真志著 新潮社)はじめに

ということですので、どちらかといえば

仮想通貨としてのビットコインとはなんぞや

ということとそのメリットだけでなくデメリット

その根本となるブロックチェーンとは何なのかという

入門書という紹介のほうが正しいかなと思います。

中央銀行が通貨をデジタル化したいというのは分かる


読みながら思っていたのですが

技術的な課題が多いとはいえ

特に日本の某省庁は国民からお金を取り上げたい

というのが見え見えですから

隠し財産対策やら徴税とかの面で

デジタル通貨を上手く活用したいのだろうなぁとは思います。

全ての現金がなくなるというのは考えづらいですが

大部分の資産が中央銀行発行のデジタル通貨化されれば

確実に個人と紐付けされるでしょうからね。

どこの国の為政者でも

自国通貨はコントロール下に置きたいでしょうし。

仮想通貨に出資する前に読んでください。


この本が2017年10月25日が初版なのに

私が購入したもので12月30日に6刷もの重版が

かかっているというのは

やはり仮想通貨にブーム的なものや

初心者投資家が群がっているというあらわれ

という部分もあるのでしょう。

ただ個人的な経験から言っても

良く分からないのにお金を出して損をしたとしても

それは自業自得です。

それほど高い本でもありませんので

もし仮想通貨を購入するにしても

まずは学んでそのうえで

ビットコインが生き延びるのか

それとも別なアフター・ビットコインが

現れるのかをきちんと考えて

みることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top