【仮想通貨】仮想通貨格付って信用できるのですかね。

スポンサーリンク
Pocket

なにやら仮想通貨界隈で

Weiss Ratingsってところが

仮想通貨格付を発表するとかで

ざわついているようです。

正直なところそんなものをよりどころにするなら

草コインの名前をダーツ盤にでも書いて

矢が当たったコインでも買ってたほうが

多少マシなのではないかと思います。

スポンサーリンク

そもそも何を基準にしてるのかが分からん


仮想通貨の格付けといっても

いったい何を基準するのでしょうか

ブロックチェーンの暗号化度とか?

電子上でのやり取りできる量とか速度とか?

それとも時価総額とか?

将来も含めた通貨の需要量とか?

どうもリスク指数、収益指数、テクノロジー指数、採択指数とか

そういうものの加重平均で格付けするらしいですが

どうにも良く分かりません。

本音を言えば格付け会社自体が信用できない


仮にムーディーズとかS&Pなどが

格付けをやるとしても

彼らはサブプライムローンのときに

酷い格付けをしていた事実があるので

いい感情がありません。

その当時は投資家ではなかったですが

サブプライムローン破綻を引き金にした

不景気のせいでひどい目に合っているので。

どれが生き残る仮想通貨なのかも

いまいち良く分からない状況下において

格付け会社がどうこう言うのは

ポジショントークのようにしか見えません。

大体格付けって分析の結果

こういう意見になりましたって

言ってるだけでしょう。

とはいえS&P500の指数とかは

有用なので利用はさせてもらってますけども。

ただし、今回の仮想通貨に関する格付けについては

現状としては相場を自分たちに有利に動かしたいだけだろ

と邪推してしまっています。

なんとなく予想はしてたけど偽情報が飛び交う(苦笑)


発表されたのが日本時間だと24日の23時らしいのですが

ネット上を見ていると偽情報が色々と飛び交っているようです。

どれが正しいのか分かりませんが

そもそも自分の出資方針が

格付けのみに左右されるようなら

止めておいたほうが良いでしょう。

出資するならきちんと学習しましょう。


格付けはあくまでも一部意見ですから

鵜呑みにしていると

経験上だと大損するのが目に見えています。

大切なお金を増やしたくて

出資するのであれば

まずはきちんと学習を行うべきだとおもいます。

ただ学習だけで実践もなければ

経験は積めませんから

その場合には少額から始めるというのが

必要なことだと思います。

どの投資でも投機でも

致命傷を受けては

立ち直りに時間がかかりすぎます

まず生き延びることが最優先ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top