【仮想通貨】コインチェックのゴタゴタで思うこと。

スポンサーリンク
Pocket

ここ数日で仮想通貨界隈では

コインチェックから580億円相当の

NEMが失われたとかなんとかで

バタバタと大騒ぎになっていましたね。

スポンサーリンク

仮想通貨のリスク=大きいは分かっていたことではある


仮想通貨に対しての出資については

最悪の場合はハッキングなどで

「0」になる可能性があるということは

過去の歴史を見れば分かることです。

有名なところで言えば「マウントゴックス事件」

なんていうのは少し検索すれば

出てくる状態だったわけですから

短期売買以外で取引所に置きっぱなしにしておく

というのは危険だ

というのはリスクとして知っておくべきことだったと言えます。

今回の件もおそらく「コインチェック事件」とか

何らかの事件的な名称がつけられて

将来出資をする方々の教訓となってくれるのでしょう。

税金がどうなるのかは関心があります


今回の件での補填の内容やら

資金の出先がどうだとか言うのは

ネット上でゴロゴロしているので

あえて私が特別言うことはないです。

ただ学習の機会として

今回のような状況が発生して

仮想通貨が強制的に円に変換された場合に

税金関係がどうなるのかということは

非常に関心があります。

今のところ仮想通貨の税金は

日本円や他の仮想通貨に交換した場合や

仮想通貨で商品を購入した場合に確定するはずですが

今回の場合でも損益が確定してしまうのか

どうなのかというのは非常に重要なことではないかなと。

誠実な取引所が必要だ


色々ときな臭い話も出ていますが

何よりも重要なことは

顧客本位をきちんと徹底することだと思います。

そういう点からするとコインチェック社については

疑問符がいくつか出てきます。

私も登録はしていますが

コインチェックの取引所では

今後入金して仮想通貨を購入することはないでしょう。

国内でも仮想通貨の取引所は

いくつか存在しているわけですが

どれもこれも安定しているとは言い難い状況です。

今回の一件で取引所の信頼性というのも

非常に重要な事項であることは再認識できたので

しばらくは事態を静観しつつ

今立ち上げ中であるSBIVCの動きがどうなるかを

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top