【投資】地道に長期つみたて投資するのが勝利の鍵か。

スポンサーリンク
Pocket

右肩上がりだった相場にも若干の陰りが出てきていますが

こういう時こそ長期のつみたて投資を検討していくのが

投資初心者には一番おすすめの勝利の鍵なのではないかなと思います。

スポンサーリンク

相場はそんなに簡単じゃない


例えばですが元手100万円から1億円にするために

相場を長期間生き残っているベテラン勢からすれば

簡単なのかもしれませんが

全く何も知らない投資初心者がそれをやるには難易度高すぎです。

テンバガー2回やればいいじゃない?

それが簡単にやれれば苦労しないんです。

それに相場全体が上げ相場ならいいですが

相場全体が下げ相場ならどうでしょうか

ということです。

数多ある企業から成長株のみを

抽出できる自信がありますか。

私も出来るように学習は続けていますが

いまだに自信はありません。

毎日さぐりさぐりですよ。

上がりもすれば下がりもするのが相場ですから

その波にうまく乗り続けるのは至難の業です。

つみたてNISAはいいタイミングで始まったんじゃないか


2018年1月からはじまった

つみたてNISAですが

基本的に長期(20年)にわたって

時間分散しながら積立投資をする想定になっていますので

これでインデックスファンドを長期で買い付けていけば

お金持ちまでとは言わずとも

将来に多少余裕が生まれるのではないでしょうか。

私の口座は今回の下げで

絶賛マイナスになりましたが

実は先日

「安定的な資産形成について考えるシンポジウム」

に参加しまして

その中で講師の方が知り合いの積立投資家の

つみたて実績をグラフで公開していたのです。

内容としては積立開始時期から

5年以上元本割れしていました。

アベノミクス以降は上昇相場なので元本の2倍程度に

膨らんでいるグラフでしたが

やはり最低でも10年ぐらいの期間を見ておかないと

リターンがプラスに収束してこないようですね。

つみたてNISAのガイドブックからすると

20年間保有していくとリターンの期待値は

2~8%程度とのことですので

毎年40万円の枠を各月で積み立てていったとすると

下のグラフのような形になります。(単位は円です)

8%だと結構いい金額になりますよね。

しかもこれが非課税になるのだからありがたい話です。

iDeCoとは違い資金がロックされているわけでもないですし。

とはいえこんなにきれいに

右肩上がりの複利グラフになるわけではなく

上がったり下がったりして

最終的に右肩が元本より上に振れる(だろう)ということです。

基本的に世界の株式が本格的に下げ相場に入ったとしても

長くても2年程度でしょうから

そこから回復するのであれば良いタイミングでしょう。

それにある程度の額までしか突っ込めないというのも

リスクを低減してくれていると思います。

とはいえ先日の暴落で

つみたてNISAではありませんが

ロボアドバイザーを解約するのに

サイトに殺到するような

マネーリテラシーの方々が多いのでは

普及への前途は多難だなとは思いますが

金融庁には頑張っていただきたいものです。

ロボアドバイザーの件は

たぶん余裕がある人なら追加入金したのではないかなぁ。

少額でも資産分散して長期間積み立てられれば小金持ちにはなれるかも?


複利計算をするときには

10年程度続けないと効いてこないですし

たとえ少額でもコツコツとつみたてて

資産分散・時間分散すれば

期待リターンはプラスだというのが過去の実績です。

あくまでも過去の実績ですから

今後もそうだという保証はどこにもないのですが

全世界が20年もマイナス成長だとしたら

それは人類終了のお知らせでしょうから

そうならないことを祈りつつ

コツコツとつみたてNISAによる

つみたて投資もやっていきたいなと思います。

とはいえ、いろんな投資法は試すんですけどね。

だって自主的に学ぶのは楽しいですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top