【読書】『ウォール街のランダム・ウォーカー株式投資の不滅の真理〈原著第11版〉』

スポンサーリンク
Pocket

今回の本は

『ウォール街のランダム・ウォーカー株式投資の不滅の真理〈原著第11版〉』
(バートン・マルキール著 井出正介訳 日本経済新聞出版社)

です。

スポンサーリンク

インデックス投資家のバイブル


以前に紹介したことのある

【読書】『敗者のゲーム』

と同様にインデックス投資を主とする投資家の皆様が

バイブルだとされている本です。

この本の主張は単純明快で、本を開くと真っ先に

まえがきにも書いてあります。

「個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンドマネジャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックス・ファンドを買ってじっと持っているほうが、はるかに良い結果を生む」

引用:『ウォール街のランダム・ウォーカー株式投資の不滅の真理〈原著第11版〉』
(バートン・マルキール著 井出正介訳 日本経済新聞出版社)p1

ということです。

理由としては

ランダム・ウォークというのは、「物事の過去の動きからは、将来の動きや方向性を予測することは不可能である」ということを意味する言葉である。これを株式市場に当てはめると、株価が短期的にどの方向に変化するかを予測するのは、難しいということだ。言い換えれば、専門の投資顧問サービスや証券アナリストの収益予想、複雑なチャートのパターン分析などを用いても、無駄だということである。

引用:『ウォール街のランダム・ウォーカー株式投資の不滅の真理〈原著第11版〉』
(バートン・マルキール著 井出正介訳 日本経済新聞出版社)p19

ということになるのでしょう。

この主張に対して反論するつもりもありませんし

たいていの投資家はインデックスに負けるという実績がある以上

不滅の真理といえます。

また、この本質部分は初版の頃から変更がないとも述べられています。

では他には何が書いてあるのか


主張が変わらないのに、

この本は何故原著第11版にまで

改訂が行われているのかということですが

こちらについてもまえがきに書かれています。

要約すれば投資の歴史も積み重ねられる中で

いろいろな金融商品や投資理論がわんさかと出てくるので

個人投資家の総合指南書を目指すこの本としては

きちんとした知識を提供するために

頻繁な改訂が必要だったということですね。

実際に様々な金融商品や

投資理論の問題点等を提起してくれているので

とてもありがたいことです。

たまには100ドル札が落ちていることだってある


この本で好きな部分は

著者自身が後半で少し語っているこの部分。

私は真の価値がいずれは行き渡ると信じているが、時には皆が真の価値に気がつかない状態も存在しうるのである。それゆえ、ごくたまには100ドル札だって落ちているかもしれない。そういう時にはもちろん、私は躊躇なくランダム・ウォークの歩みを止め、さっさと拾うことにしている。

引用:『ウォール街のランダム・ウォーカー株式投資の不滅の真理〈原著第11版〉』
(バートン・マルキール著 井出正介訳 日本経済新聞出版社)p501

やはり投資家である以上は自分の理論とは違っても

チャンスがあれば拾うよと言っているところですね。

このあたりの切り替えをすんなりできるかどうかというのが

一段上のレベルに上るためには必要なんでしょうね。

投資家としては複数回読むべき本


私はつみたてNISAの一部で

インデックス・ファンドを保有しているとはいえ

純粋なインデックス投資家ではありません。

ただインデックス投資の有用性を認めたうえで

いろいろな投資を試行するには

読んでおいて損はしない本ですので

少し分厚いですが

頑張って読んでみることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top