【資産運用】つみたてNISA直近月末状況

スポンサーリンク
Pocket

つみたてNISA制度がはじまり、私も積立投資を実施しています。

直近月末までの状況です。

スポンサーリンク

つみたて設定について


私はSBI証券でつみたてNISA口座を開設しています。

毎月33,000円

1月、8月のみボーナス増額2000円追加

という設定にして

つみたてNISA枠の40万円/年分を使い切る形にしています。

つみたて日については毎月1日にしています。

つみたて投信としては

iFreeS&P500インデックス

ひふみプラス

に50%ずつ投入しています。

2018年6月末状況


トータルとしてはプラスになっています。

S&P500インデックスは

米国大統領があれだけ市場をかき回す割には

案外強いなというイメージです。

流石にオマハの賢人をして

「とりあえず低コストのS&P500インデックスファンド買って寝とけ」

といわれるだけの指数といわざるを得ませんね。

対照的にアクティブファンドであるひふみがパッとしませんが

今後どういう動きをとってくるかが注目ですね。

各投信の累積状況


iFreeS&P500インデックス

ちょっとだけ投資原資と評価額に

プラス方向の隙間が見えてきたかな

というところですが

貿易戦争懸念はいまだにくすぶっていますので

下がるなら最初のうちに下がっといてくださいというのが

本音です。

eMAXIS SlimでS&P500インデックス連動の投信ができるので

つみたてNISA対応した時点で

切り替えて積み立てようかなとは思っています。

手数料が安い方が正義なのです。

ただiFreeも売却損益確定させるのも

馬鹿馬鹿しいので売却する予定はありません。

ひふみプラス

海外株式比率が約9%ほどになっているので

実際のところTOPIXと比べるのはどうなんだろうなとは思っていますが

微妙に損をしている状態です。

ただアクティブファンドですので手数料が高いですから

それなりに運用益が出てもらえないと

あまり意味がないんですけどね。

長期的に見るとアクティブファンドは

インデックスに劣後するというところからは

やはり逃れられない運命でしょうか。

つみたてNISA実施中の皆様へ


お互い途中で降りずに、地道にコツコツ行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top