【資産運用】つみたてNISA直近月末状況

スポンサーリンク
Pocket

つみたてNISA制度がはじまり、私も積立投資を実施しています。

直近月末までの状況です。

スポンサーリンク

つみたて設定について


私はSBI証券でつみたてNISA口座を開設しています。

毎月33,000円

1月、8月のみボーナス増額2000円追加

という設定にして

つみたてNISA枠の40万円/年分を使い切る形にしています。

つみたて日については毎月1日にしています。

つみたて投信としては

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

ひふみプラス

に50%ずつ投入しています。

2018年8月以前は

iFreeS&P500インデックスをつみたてしていましたが

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)に切り替えたので

新たにつみたてはせずにホールド中です。

2018年12月末状況


全てのつみたて投信がマイナス評価になりました。

ひふみが特にひどいというイメージでございます。

個人的には2019年もつらい状態になるのではないかなぁと思いつつも

マイナスの時期は安く仕込めるんだと思って

つみたて自体をやめるつもりは全くありません。

積立投資では時間が味方

長期で見ればプラスリターン

と念仏を唱えながら積み立てていくしかありませんね。

各投信の累積状況


iFreeS&P500インデックス

つみたて停止しているので投資原資は増えません。

ギリギリ評価損益がプラスをキープしていましたが陥落しました。

望むこととしては毎月言いますが

信託報酬を見直しすることです。

Slimと同等程度になれば積立再開したいですが

この市場環境で新規で金額が流入してくるかは微妙なところですから

とりあえずはホールドしつつ眺めています。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

こちらも投資原資割れしていますが

むしろ積立額も少額ですので

むしろ下がるなら安く仕込めると思うしかありません。

信託報酬という点においては国内円建てで

S&P500指数に投資するなら

これだけあれば十分ではないかなと思うので

余程のことがなければ変更することはないでしょう。

ニッセイとかがS&P500投信とか設定してくれたら

考えると思いますけど。

ひふみプラス

海外株式比率は11月の運用報告を見ていると

10.7%ですね。

上場が突然中止になったり

雪崩のように基準価額が落ちたりと

話題には事欠かないですね。

海外株式が下がるとそれを受けて下がる日本株という

状態の悪影響をもろに受けている感じがあります。

海外株式が上がっても日本株はそれほど戻さないですしね・・・。

つみたてNISA実施中の皆様へ


お互い途中で降りずに、地道にコツコツ行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top