【資産運用】つみたてNISA直近月末状況

スポンサーリンク
Pocket

つみたてNISA制度がはじまり、私も積立投資を実施しています。

直近月末までの状況です。

スポンサーリンク

つみたて設定について


私はSBI証券でつみたてNISA口座を開設しています。

毎月33,000円

1月、8月のみボーナス増額2000円追加

という設定にして

つみたてNISA枠の40万円/年分を使い切る形にしています。

つみたて日については毎月1日にしています。

つみたて投信としては2018年までは

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

ひふみプラス

に50%ずつ投入していましたが

2019年は

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)に全振りとしました。

また2018年8月以前は

iFreeS&P500インデックスをつみたてしていましたが

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)に切り替えたので

新たにつみたてはせずにホールド中です。

2019年4月末状況



ついにトータルでプラスに復活しました。

ただ正直こんなにうまいことはいかないと思うんですよねぇ。

正直子供の学資として積み立ててる部分があるので

必要となるのは13~18年後ぐらいですから

積立初期はマイナスでも問題ないんですが

こればっかりはどうなるか分かりませんし

必要となる時期までは愚直に積み立てるのみです。

機械的に積み立てを継続していきます。

各投信の累積状況


iFreeS&P500インデックス

つみたて停止しているので投資原資は増えません。

2月末時点では普通にプラスに戻ってきて

今月末は変動としてはそれほど大きいわけではありませんでした。

望むこととしては毎月言いますが

信託報酬を見直しすることです。

Slimと同等程度になれば積立再開したいですが

この市場環境で新規で金額が流入してくるかは微妙なところですから

とりあえずはホールドしつつ眺めています。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)


2019年からはこれ一本に絞ったので

基本的にはこちらの値動きの影響が大きくなります。

S&P500指数がすぐにプラスに戻るっていうのは

強いなぁとも思いつつ下がった時には

尋常じゃないぐらい下げるんだろうなと今からビビっています。

20年後には大きくプラスになってくれることを祈ります。

信託報酬という点においては国内円建てで

S&P500指数に投資するなら

これだけあれば十分ではないかなと思うので

余程のことがなければ変更することはないでしょう。

ニッセイとかがS&P500投信とか設定してくれたら

考えると思いますけど。

ひふみプラス

色々と思うところがあり2018年で積立設定は中止しました。

どの程度で投資原資を上回ってくれるかを

期待しつつ見ています。

戻らなかったら勉強代でしょう・・・。

つみたてNISA実施中の皆様へ


お互い途中で降りずに、地道にコツコツ行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top