【資産運用】つみたてNISA直近月末状況

スポンサーリンク
Pocket

つみたてNISA制度がはじまり、私も積立投資を実施しています。

直近月末までの状況です。

スポンサーリンク

つみたて設定について


私はSBI証券でつみたてNISA口座を開設しています。

毎月33,000円

1月、8月のみボーナス増額2000円追加

という設定にして

つみたてNISA枠の40万円/年分を使い切る形にしています。

つみたて日については毎月1日にしています。

つみたて投信としては

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

ひふみプラス

に50%ずつ投入しています。

2018年8月以前は

iFreeS&P500インデックスをつみたてしていましたが

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)に切り替えたので

新たにつみたてはせずにホールド中です。

2018年8月末状況


トータルとしてはプラスになっています。

S&P500ってやっぱり強いのねという印象です。

世界経済が不安定な感じになると

やはり最強の国に富が吸い上げられるのねという

感じですが

どこかでドンと下がるのではないかという警戒感はありますね。

なぜかeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の

取得金額が17,501円になっていますが

そこは気にしないことにします。

各投信の累積状況


iFreeS&P500インデックス

つみたて停止しているので投資原資は増えませんが

評価額が順調に増えているので

評価損益率も2桁台にのりそうな勢いです。

ただ正直なところ、本当に右肩上がりのまま続くなどということは

ないだろうなという空気感のようなものを感じるので

暴落したときにそなえて無心になる特訓でもしていた方がいいかもしれません。

もしくは筋トレとか。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

データが一つしかないのでただの点になっていますが

単月での評価損益が+2.65%って驚異的な数字ですね。

やはりオマハの賢人のいうことが正しいのか・・・。

ひふみプラス

海外株式比率は7月の運用報告を見ていると

10%代からあまり変更はなかったようですね。

微損の状態は変わりません。

先月触れましたが

7月末の基準価額値下がりを受けて

7月時点ではTOPIXをアンダーパフォームしています。

微妙に損をしている状態です。

7月末に2日連続で基準価額が下がりまして

レオスの公式Twitterアカウントの

リプライが荒れているというのが

話題になっていましたね。

とはいえ8月も下げを堪えたという感じですので

厳しい状況は続きそうですね。

実際海外株が下げると

主体性のない日本株がつられて下がるというのは

慣例のようになっていますしね。

つみたてNISA実施中の皆様へ


お互い途中で降りずに、地道にコツコツ行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top