【読書】お金で損しないシンプルな真実

スポンサーリンク
Pocket

今回の本は

『お金で損しないシンプルな真実』

(山崎元著 朝日新聞出版)

です。

スポンサーリンク

お金についての考え方とノウハウをコンパクトに凝縮した本。


おわりに、の頁でも書かれているのですが

この本の企画はお金についての考え方と

ノウハウをコンパクトに凝縮したやさしい本

を目指して書かれています。

お金で損しないとは言っていますが

資産運用で損をしないというよりは

人生で必要になるお金でも

余計なことにお金を支払って、損をしないようにという

警告文的な本だなという印象を受けました。

本の中で参考にしたい点を紹介したいと思います。

地雷リスト


とりあえずここだけは読んでみてほしいということで

2章の付録として運用をめぐる地雷リストというのがあります。

項目としては8項目挙げられていて

  1. 毎月分配型の投資信託
  2. 外貨建て保険
  3. ラップ口座
  4. 株主優待
  5. 無料相談
  6. 保険セールス
  7. 販売系のFP(ファイナンシャルプランナー)
  8. 銀行員

という内容です。

毎月分配型の投資信託と株主優待については

個別の商品や会社によるところはあるので

すべてがダメではないのかもしれません

総じていうと地雷の割合が多いということなのでしょう。

詳しい中身を全部紹介すると

引用の範囲を超えてしまうので書きませんが

1.4.以外については項目だけでも知識がないと

お金いっぱい取られそうだなぁという

香りがプンプンしますね(笑)

お金の価値とは何なのか


この本で「お金」と「価値」について記載されている部分があります。

仮にお金の形が変わった時に、個人にとって、変化すべきものは何で、変化しないものは何なのかを考えてみましょう。

もともと、お金は、金貨だったり、銀貨だったり、紙幣だったりと、時代や技術に合わせてその形を変えてきました。改ざんや不正が難しいデータを低コストで管理しつつ、手軽にデータのやり取りができる「ブロック・チェーン」という技術に支えられた仮想通貨は、ある意味ではこれまでの「お金」以上にお金にふさわしいものだと言えます。

お金は「価値」をやり取りする手段です。価値とは「人に何かをしてもらうような力を数量的に象徴するもの」だと考えたらいいでしょう。

引用:『お金で損しないシンプルな真実』(山崎元著 朝日新聞出版)p180-181

電子決済どころか、クレジットカードも使えないような店が多い

現金がいまだに主流の日本ですが

将来的にはお金がどういう形になるのかは分かりません。

ただ「価値」をやり取りする手段というのは

どんな状況でも必要があるでしょうから

いずれにしても「お金」もしくはそれに類するものというのは

人間と切り離せないものにはなるのだろうなとは感じます。

子供にも読ませてみよう


マネーリテラシーの初歩で知っておきたいことが

書いてありますので、この一冊を読むだけでも

ただ言われるがままに手数料をボッタくられたりする

確率は下がると思います。

資産運用手法としてはNISAやiDeCoを活用して

手数料の安いインデックスを選びましょうといった

内容ですので、無難な感じです。

運用手法については将来的に

各種非課税制度がどうなるかということもありますが

私は子供が本を自分で読めるレベルになったら

勧めて読んでもらい、

お金のことを一緒に考えたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top