【投資】楽天カードで投資信託を購入すると1%の楽天スーパーポイントが還元されるとは凄まじいけどね。

スポンサーリンク
Pocket

楽天証券は公式サイトでの発表で

投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート!

というお知らせを出しました。

さっそく投資信託界隈は賑わっていますが

これについて思うことを書きます。

スポンサーリンク

今回の内容


公式サイトからの内容を見てみると

  • 開始は2018年10月27日~
  • 投資信託の積立引落方法に楽天カードクレジット決済を追加。
  • 毎月12日までが翌月自動積立分申込締め切り
  • 自動積立日は毎月1日(休業日の場合は翌営業日)
  • カード引き落としは積立月の27日
  • 積立額の1%分の楽天スーパーポイントを付与。
  • 設定金額は100~50,000円/月
  • 楽天証券で積立可能な全ての投資信託が対象
  • 特定・一般・NISA・つみたてNISAも対象

ということでかなり攻めたサービスになっています。

つみたてNISAを楽天証券にしようかというぐらい凄いんだけど・・・。


今回の発表で言えることとすれば月5万円分までは

投資信託が購入できるということなので

つみたてNISAの枠を使い切る約33,000円/月という金額は

当然収まります。

投資信託を購入すると

1%分の楽天スーパーポイントが還元されるということですから

年間で言えばつみたてNISAの40万円/年間の投資枠に対して

4,000円/年分の利息が確約されているようなものですね。

普通預金の金利などとは比較にならないですし、

当然、投資信託の基準価額の下落というリスクはありますが

リターンに1%下駄をはかせてもらっているようなものです。

つみたてNISAの期間中は継続してくれればという条件付きですが

年利に1%下駄を履かせてもらえるというのは

複利的な部分から見てもおいしいでしょう。

正直来年以降のつみたてNISA口座を楽天証券に変更しようか

ということを本気で検討したいぐらいおいしい内容だと思います。

ただ個人的に、今回の件は

楽天グループの利益を圧迫する要因なので

永続的に実施されるのかという点については

かなり疑っています。

邪推をすれば、想定した人員分のNISA口座を確保できれば

「還元やーめた」と改悪する可能性もありますよね。

※正直、楽天カードからnanacoへのチャージで

ポイントつかなくなったことは根に持ってるので。

SBI証券がどう出るか。


私のメインで使っているSBI証券も

この楽天証券の動きに対して

対抗策を何かしら打ち出してくるとは思っています。

ただし、例えば住信SBI銀行と関連するミライノカードあたりで

投信購入すると1%還元とか言われても、それは弱い気がするのですよ。

私の場合で言えば、それだけのためにクレジットカードを

新規発行しなければならないのは管理も面倒ですし。

その辺は楽天経済圏を築きつつある楽天カード側の方が優勢かなぁと。

とはいえ何も対策をとらないということもないでしょうから

今後のSBI証券の動きも注視していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top