【雑記】株式投資への増税とか検討する時点でふざけるな!と言いたい。というか言う。

スポンサーリンク
Pocket

先日少し頭にきたことがありましてね。
以下の記事を読んだあとなんですけれども

なんてことを言ってしまったのですが
正直まだまだ言いたいことがあるので言うという雑記なんですよ、今回。

スポンサーリンク

そもそも消費増税に反対なんだよ


ただでさえ稼いだ給料を源泉徴収で諸々引かれたうえに

余分に8%も持っていかれてるのが気に入らないのに

来年の10月になったら予定通り10%に上げるというのは

なおさら気に入らないんだよ。

で、10%にする場合には食料品などに適用する軽減税率分の

税収が不足するからどっか増税しなきゃって話なんでしょ?

馬鹿馬鹿しいにもほどがあるんですよ。

じゃあ軽減税率やめろよ!!

そもそも軽減税率がどこまでの線引きになるかとか

小売業者での対応の混乱とか

煩わしそうな仕事が増えることが目に見えてるでしょうよ。

増税のことを考えてるのは某省庁でしょうが

エリートのくせにそんなことも分からないとか

頭がいいのにバカという典型的な状況かと。

そもそもデフレ脱却できてないのに

増税するとか意味不明なんですけども。

むしろ消費税は下げろ!!上げるな!!

増税したら富裕層が海外に逃げるだけなのでは。


個人的に富裕層にいる人間は

コスト意識が高いと思っているので

税金という名前のコスト負担が大きくなり過ぎれば

比較的海外でも治安のいい税金の安い場所に逃げるんじゃないのかなと。

というか富裕層は海外に資産の一部もしくは大半を、すでに移してるでしょ?

で、富裕層が海外に転出する際に国内資産に課税したとしても

一時的なものでしかないので

中長期で見た場合には税収が下がってどん詰まりになる

というような未来しか見えないんだけどどうなんだろうか。

富裕層は資本主義における力を持っているわけだから

選択肢なんていくらでもありますわね。

私だって富裕層だったらシンガポールあたりに住んで

日本には非居住者として認定される範囲でくるかたちにしますよ。

貧困からの脱出の邪魔をするな


私は悲しいですが、これからの日本では資産運用をしていなければ

将来的に貧困層に落ちるという危機感があります。

税金は資産運用上のコストです。

それが上がるということは

資産運用をしたところで

これまでに期待していたリターンが望めないということです。

非課税枠を使えばいいじゃんといっても

NISAはともかくとして

つみたてNISA制度は比較的良い制度だと思っていますが

限度額が低いので貧困層から脱出するのには足りない気がします。

実際のところ私は子供の学資分としてつみたてNISAは考えているので。

それに配当株にしても税金が上がれば

手取りとしてもらえる金額が減るわけで

年金(ほとんどもらえないだろうと思っている)+配当で

カバーしようとしている自分が高齢化した際の収入も減るということです。

貧困層に落ちないようにあがいているのに邪魔しないでほしい。

というのが本音ですね。

本当、某省庁さらに解体すればいいのに。

国を富ませるのが仕事であって増税するのが仕事じゃないだろうよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top