【仮想通貨】テックビューロの業務改善命令対応は適切なのか?

スポンサーリンク
Pocket

先日の仮想通貨流出の事件を受けて

9月25日にテックビューロ株式会社に対して

3度目の業務改善命令が出ました。

直接的な被害者ではないですが

業界の動きとしてどうなるかは気になるので

ちょっと見ていきたいなと思います。

スポンサーリンク

業務改善命令の内容


今回テックビューロに出された

業務改善命令の全文は以下の通り。

1.テックビューロ株式会社(本店:大阪府大阪市、法人番号1120001184556、仮想通貨交換業者)(以下、「当社」という。)に対しては、資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)第63条の15第1項に基づく当社からの報告及び金融庁の検査を踏まえ、平成30年3月8日(木)に、実効性あるシステムリスク管理態勢や適切に顧客対応するための態勢、同年6月22日(金)に、適正かつ確実な業務運営を確保するための実効性ある経営管理態勢、法令遵守、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策、利用者財産の分別管理等に係る実効性ある内部管理態勢について、同法第63条の16に基づく業務改善命令(以下、「3月8日付業務改善命令及び6月22日付業務改善命令」という。)を発出し、その改善状況を定期的に確認しているところである。
 当社においては、平成30年9月14日(金)に当社が保有していた仮想通貨が不正に外部へ送信され、顧客からの預かり資産が流出するという事故(以下、「流出事案」)が発生した。
 これを踏まえ、同年9月18日(火)、同法第63条の15第1項の規定に基づく報告を求めたところ、発生原因の究明や顧客への対応、再発防止策等に関し、不十分なことが認められた。

2.このため、本日、当社に対し、同法第63条の16の規定に基づき、下記の内容の業務改善命令を発出した。
 
(1)流出事案の事実関係及び原因の究明(責任の所在の明確化を含む)並びに再発防止策の策定・実行
(2)顧客被害の拡大防止
(3)顧客被害に対する対応
(4)3月8日付業務改善命令及び6月22日付業務改善命令の内容について、流出事案を踏まえて、具体的かつ実効的な改善計画の見直し及び実行
(5)上記(1)から(4)までについて、平成30年9月27日(木)までに、書面で報告

引用:近畿財務局ホームページより

命令が出たのが9月25日で

回答を9月27日までに出しなさいっていうのは

官公庁の要求としては異例の速度ですよね。

これは金融庁をはじめとして官公庁が

相当ご立腹なんだろうなというのが読み取れます。

業務改善命令に対してのテックビューロの動き


テックビューロの公式サイトからお知らせを見ると

https://corp.zaif.jp/info/10225/

https://corp.zaif.jp/info/10252/

というプレスリリースが出ています。

中身をみると

フィスコのグループ企業から50億円の金融支援を受けて

顧客資産に被害が及ばないようにする。

ということと言われた通りに報告書は27日に出しました

という内容ですけれども

そもそものところが違うのではないかなぁと。

普通に考えれば6月の業務改善命令から

それなりに時間はあったわけですから

まずはハッキングされて盗難に合わないような

セキュリティを構築して

過去の業務改善命令への対応を

速やかにきちんと実行していれば

今回の件は防げたのではないかなぁと

思ってしまうのですよね。

信頼回復には程遠いかなぁ。


先日日本の仮想通貨交換業者が信用できないという

主旨のブログを書きましたが

【仮想通貨】日本の仮想通貨取引所が信用できない件
また仮想通貨の流出事件が起きたようですね。 正直な感想を言えば「まだそんな状態なの?」というところですが さらに日本の仮想通貨取...

今回の対応を見ていると

日本仮想通貨交換業協会(いわゆる自主規制団体)も

顧客保護が出来ていない交換業者に対して

強気に処罰(業界追放などの対応をして

認定を取り消させるような動きをする)わけでもないですし

金融庁や財務局についても顧客保護が出来ないならば

認定取り消しもやむなしという態度ではないように感じるんですよね。

仮想通貨そのもの自体の未来も

まだどうなるかはわかりません。

そもそも仮想通貨を取り扱っている交換業者に対して

ある程度仮想通貨に着目している人間が

信用できるイメージに無いということは

一般の方なんていうのは詐欺師レベルに見ている

ということだとは思いますので

早急にそういうイメージを払拭してもらいたいところですね。

このままだと仮想通貨でも他の国や地域に先に行かれてしまいますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top