【投資】ドルコスト平均法について考える

スポンサーリンク
Pocket

長期積立投資をするうえで

ドルコスト平均法を理解しておくことは重要だと思います。

今回はその話をします。

ドル・コスト平均法とは


ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、

株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。

金融商品を購入する場合、一度に購入せず、

資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。

例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、

数量を等分するのではなく、

金額を等分する点が単なる分散と異なる。

価格が高い時は購入数量が少なく、

安い時には多いため、

単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。

価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。

長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法である。

上げ相場でドル・コスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり、

収益を減少させてしまう欠点もある。

タイミングを精密に測れないため、

値動きの早い商品で、ハイリターンを目指す投資には向かない。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ドル・コスト平均法

というというものです。

一見するとなるほどなぁと思います。

イメージとしては下の図のよう感じでしょうか。

※初期評価額が10000円で10000口購入できる商品を

ドルコスト平均法で買った場合です。

流石にここまで短期で価格が変動するものも

あまりないとは思いますが

あくまでもイメージの話です。

確かに購入できる口数は

高い時は少なく買い、安い時に多く買うことで

一定数量を購入している場合よりも有利になりそうです。

よくよく考えてリスクって低減されてるのか?


よくドルコスト平均法はリスクを低減するなどと

言われたりもしているようですが

本当にドルコスト平均法でリスクって低減されているのでしょうか。
投資信託を例に挙げると

目標としている金額まで積み立てた後は

その後の値上がり・値下がりについては平均化できなくなるので

積立中の平均値は有利になるかもしれないですが

一定額まで積み立てた後の運用については

値下がりのリスクは一緒じゃないですかね。
高値掴みを避けるという部分では確かに有効だとは思いますが

まとまった金額があって

中長期的なスパンで値上がりすると判断したなら

その時点が買い時ということでも良いのではないかとも思います。

上記の解説でも上げ相場だと平均購入単価がかえって

高くなるというデメリットも説明されていますしね。

安易にリスクが低減できると考えて

この手法を使うのはどうかと思う次第です。

手数料とかも考慮した方が良いですね。


投資信託を購入する際には手数料がかかりますよね。

最近は手数料が無料、もしくは少額のものもありますが

ドルコスト平均法を考えるなら

求めるリターンに対して手数料分のマイナスは

頭の中に入れておいた方がよさそうです。
うっかり手数料が高い商品を

ドルコスト平均法で購入していたら手数料がかさんで

リターンが少額になっていたというのでは意味がありません。

ちなみに販売手数料以外にも

信託財産留保額とか信託報酬とかも見とかないと駄目ですしね。

ドルコスト平均法を利用するメリットって何だろう


購入している最中については

リスクを多少抑制しそうということはありますが

私が考えたところとしては

少額でも投資を経験(開始)できるということではないでしょうか。

月々5,000円程度でも積立出来るものはありますし。
何よりも私もそうですが、素人に相場の上下変動なんていうのを

完璧に当てられるわけがないわけです。

※そもそも当てられるならすぐにお金持ちになれますね。(笑)
仮に高値で掴んでも、ドルコスト平均法のせいにもできますし。

それに少額であれば損失のリスクは小さいですしね。
私もまとまったお金がたまるまでということで

預貯金代わりに投資信託を購入していますが

投資自体のリスクが低減しているとはあまり感じません。
ただ少額でも投資を始めると

何で値段が上がったのかとか下がったのかに

関心が出てきませんか。

少なくとも私はそうなので

まずは投資を実践してみるうえで、

この手法を使ってみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top