【雑記】米国会社四季報2018秋冬号が届いたよ

スポンサーリンク
Pocket

米国会社四季報の2018年秋冬号が届きました。

米国株式をやり始めてからは毎回買っているのですが

読み物としても面白いですよね。

スポンサーリンク

正直言えば証券会社のスクリーニング昨日でも充分ですが


最近の証券会社のスクリーニング機能は充実しているので

銘柄選定に関しては特に長期保有を考えるのであれば

証券会社のスクリーニングでも十分かと思います。

ただし、そうすると引っかからなかった銘柄へは

全く視線が行きません。

基本的に私は外国株式については

高配当株やETFを購入する投資方針を取っています。

高配当株については巻頭の特集で必ずランキングが載っているので

そこから自分の視点では見つからない銘柄を

チェックしたいなという気持ちがあります。

あ、こういう銘柄もあるんだとか

これは高配当だけど危ないんじゃない?ということを

考えていくのは面白いですね。

当然鵜呑みにしてはダメです。


国内の四季報でもそうですが、

ここにのっている予想が必ずしも実現するというわけではないです。

例えば私も持っているゲームストップ(GME)なんかは

前回の春夏号では微妙ながらも増配予想でしたし

今号も予想的には増配予想で業績も少し回復する感じになっていますが

個人的な感覚からするとそれは難しいんじゃない?

となったりもするわけです。

結果的に配当も横ばいですしね。

保有銘柄の自分なりの予測と四季報の予測のずれだったり

業績予想の精度的なものを確認したりと

個人的には楽しいので毎号買っています。

全銘柄が載っているわけではないですが

主要な銘柄についてはチェックできるので

興味のある方は読んでみても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top