【読書】『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』

スポンサーリンク
Pocket

今回の本は

『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』

(シバタナオキ著 日経BP社)

です。

スポンサーリンク

「決算を上手に読むための10カ条」


この本で紹介しているのは決算書を読むための

法則として以下の10カ条を挙げています。

ーはじめにー

1.他人の家庭の「家計簿」を覗くつもりで読む

2.必要なのは四則計算のみ

3.決算短信ではなく、決算説明会資料から読む

4.企業の「将来」を予測しようとする前に「過去」を正確に理解する

ー初級者編ー

5.各ビジネスの構造を数式で理解する

6.各ビジネスの主要な数字を暗記する

ー中級者編ー

7.徹底的な因数分解で「ユニットエコノミクス」を計算する

8.成長率(対前年比/YoY)を必ず確認する

ー上級者編ー

9.1社だけではなく、類似企業の決算も分析・比較する

10.類似企業間の違いを説明できるようになる

引用:『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』

(シバタナオキ著 日経BP社)p294

実際にこの書籍の中では

  • ECビジネス
  • FinTechビジネス
  • 広告ビジネス
  • 個人課金ビジネス
  • 携帯キャリアの決算
  • 企業買収(M&A)と決算

という事例で決算の読み方というか視点を紹介していますが

確かに読み進めていくと、

上記のポイントを抑えて分析するということが

結構重要なポイントになると思います。

特に決算説明会資料については

私も社会人として資料を作成したりしますが

アピールしたいことは載せますし

あまり触れられて欲しくないところは

少しだけにするか最悪載せませんからね(苦笑)

連続した年度で決算説明会資料を読むと面白いですよ。

すべての分野に応用は利く


テクニカルでトレードしている人には

あまり関係ないかもしれませんが

少なからず中長期投資をするにあたっては

企業がどういう状況にあるかを

理解して投資する必要があると私は考えています。

一番わかりやすい資料は決算短信と

決算説明会資料になると思いますが

各業種をどのように見ていけばいいのかという考え方は

この本で紹介されている業種以外にも転用可能なはずですので

機会があれば一読されることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top