【読書】『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』

スポンサーリンク
Pocket

今回の本は

『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』
(ハワード・マークス著 貫井佳子訳 日本経済新聞出版社)

です。

平均的なパフォーマンスを超えるための教え


この本で著者は

平均的な投資パフォーマンスは誰でも達成できるとし

市場と他の投資家を上回るリターンを達成することを

「成功する投資」と定義づけしている。

そのために必要な要素として

  1. 二次的思考をめぐらす
  2. 市場の効率性(とその限界)を理解する
  3. バリュー投資を行う
  4. 価格と価値の関係性に目を向ける
  5. リスクを理解する
  6. リスクを認識する
  7. リスクをコントロールする
  8. サイクルに注意を向ける
  9. 振り子を意識する
  10. 心理的要因の悪影響をかわす
  11. 逆張りをする
  12. 掘り出し物を見つける
  13. 我慢強くチャンスを待つ
  14. 無知を知る
  15. 今どこにいるのかを感じ取る
  16. 運の影響力を認識する
  17. ディフェンシブに投資する
  18. 落とし穴を避ける
  19. 付加価値を生み出す
  20. すべての極意をまとめて実践する

引用:『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』
(ハワード・マークス著 貫井佳子訳 日本経済新聞出版社)目次より

という20項目を挙げています。

初見で読んでみて

まだ投資レベルが低いので難解な部分もありましたが

特に振り子を意識するというところが

強く印象に残ったので紹介したいと思います。

投資家心理は振り子のようなもの?


ほとんど市場現象は振り子に似たパターンを繰り返す

というのが著者が述べたいところだと思うのですが

私は投資は短期でも中長期でも

市場(世界)は必ず成長するという考えのもとに

成り立っていると思います。

そうでなければ投資しませんし。

過去に何度も世界的な金融危機は発生しましたが

結局は数年のうちに回復しさらに成長を遂げています。

過去の最高値よりも20年以上もたつのに

成長していないのは日経平均ぐらいのものではないでしょうか。

この本を読んだ中で市場というのは

超弱気相場⇔弱気相場⇔平均的相場⇔強気相場⇔超強気相場

を振り子のように繰り返しながら成長していく

というイメージを持ちました。

そこで重要になってくるのが

投資家心理なのですが

ごく一部の投資家を除いては

強気相場や弱気相場で

適切なリスクとリターンを選択するという

合理的な行動をとらない(とれない)心理状況に

陥りやすいということなのでしょうね。

上がり続けることもなければ

下がり続けるということもなく

度が過ぎれば必ず反発するということを

忘れないようにしたいです。

ただ問題なのはこの本でも述べられているとおり

世界経済の振り子が

どの程度のふり幅をもって、いつ振れるのか

ということを誰もわからないことです。

それを見極めるためにも、この本の中で

他に挙げられている項目もきちんと理解することが必要ですね。

投資を志すなら本棚において何度も読んだほうが良い


この本はまるっきり投資の知識がない

初心者が読むのには難解だと思います。

金融関係の用語や

投資商品の知識やその歴史などは

わかっていることを前提に書かれているのでしょう。

ただこの本に書いてあることは

投資というものを考えるときに非常に重要な道標になります。

読んで1回きりというよりは

何回も読んで投資というものに対する心構えを

身に着けるために必須の本とも言えるので

是非とも本棚に置いてもらいたい1冊です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top