【投資】株式の配当金と株主優待だったらどちらを選ぶかという話

スポンサーリンク
Pocket

日本株に投資していると

毎月末の権利確定日付近で株主優待の話が出てきますが

配当金と株主優待だったらどちらを選ぶかという

話をしたいと思います。

結論から言えば配当金を選びます


株主優待も魅力的な商品がある場合もありますが、

あくまでも商品だったり、割引券だったりと

現金ではありませんよね。

私としては長期保有株については配当金を再投資しして

投資原資に組み込んでいくというスタイルですので

株主優待での配布物というものを

配当利回りの中に組み込んでいません。

あくまでも利益は配当金として株主に還元してくれるほうが

ありがたいというのが私の投資方針です。

とはいえ、例えば株主優待の金額そのものを

配当金として出せとは言いません。

特に自社商品を株主優待として出しているところは

その原価分が還元している部分だと思いますので

その分を配当金にしてもらえるとありがたいなぁ。

という程度です。

では株主優待は利用しないのか


配当金で欲しいというのなら

株主優待を利用しないのかといえばそんな事はありません。

中長期でキャピタルゲインを狙っているときに

たまたまもらったりとか

長期保有株で利用する予定がある株主優待については

上手く活用させていただいております。

配当金でなくても、

かなり生活するうえで有利になる(支出を削減できる)

株主優待を出している会社というものは

存在していますしね。

ただあくまでも株主優待を目的とした

売買はしていないというだけです。

投資は企業価値を見定めて行うべき


例えばですが株主優待だけを目的として

権利日の直前で購入した場合に

その株価、割高になっていませんか?

下落トレンドの真っ最中にいたりしませんか?

長期保有銘柄なので

その辺は気にしないというならば

問題ありませんが

権利が確定したらすぐに売却してしまうというならば

投資して得られた優待品よりも

売却差損の方が大きくなってかもしれないような

取引は避けるべきです。

そもそも投資は最終的に利益が残るように実施することが

大事だと思いますので

優待だけにつられて損をすることのないように注意したいですね。

株主優待自体は悪いことではない


優待だけにつられて

損が出るような取引をすることを

あまりお勧めできないというだけの話であって

株主優待自体は上手く活用できれば

良いものだとは思います。

換金できる商品であれば

それは配当金としても計算できるでしょうし

日常的に使う商品の割引率UPとかであれば

支出の削減にもなります。

トータルとして

損をしないような分析をきちんとしたうえでの

投資を心掛けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top