【雑記】新社会人の皆さんへの投資のすすめ

スポンサーリンク
Pocket

既に新卒採用者として社会に出ている方々もいるかと思いますが

何よりもまず投資を始めてみてはいかがでしょうかという話をします。

仕事のことを覚えるので手一杯?でも投資は始めておこう


確かにそうかもしれませんね。

ただ新入社員に任される仕事は

たいていの場合は大した仕事じゃありません。

いっぱいいっぱいになってしまう気持ちは

分からなくもないですが

社会人として一歩を踏み出したのですから

自分の人生についてもきちんと計画しませんか。

【雑記】投資を始めるならば絶対に若いときから始めたほうが良いという話

でも書いていますが

投資は社会人として働き始めて

自分でお金を稼げるようになった時が始めどきだと思います。

※学生の頃は学費とのコスト比較から考えると

バイトするより勉強したほうがいいと思います。

生きていくには案外お金がかかるから


現代社会で生きていくのって案外お金がかかるんですよ。

支出のコントロールが出来ていないと

いつの間にやらお金に羽が生えて飛んで行ってしまうんです。

少しずつでも手元のお金が増えていく投資方法を学んで

自分の将来のために必要なお金を賄えるようにしておいたほうが

きっと無駄にはならないはずです。

仕事以外の収入なんか目標とせずに

自分は会社で出世して高給取りになるんだ

という志を持っているとしたら

それはそれで素晴らしいのですが

万が一のためのセーフティーネットとして

少しでも資産運用してみるべきです。

明日がどうなるかなどということは

なってみなければわかりませんが

備えあれば患いなしのとおり

豊かになって余裕が出来れば

それだけ今の仕事に打ち込めるかもしれませんし

将来やりたいことがお金にならないことでも

副収入があれば実現できるかもしれませんよ。

お付き合いはほどほどに


新社会人ともなると、良い悪いは別として

お付き合いで酒を飲みに行ったり

2次会以降で、きれいなお姉さんがいたりするところへ

大人な社会科見学に付き合わざるをえないこともありますね。

私も20代だった頃は人並みに

そういうところにも行ったりしましたし

別にそれが悪いとは言いません。

※結婚してからはお金がもったいないので行ってませんよ(笑)

むしろそういうことで失敗するのも若いうちだけの

特権だと思います。

真面目一辺倒で定年間近ではまったりしたら

大体、身の破滅でしょうし。

ただそれで給料を浪費しつくさないようにしましょうね。

ということです。

いくつになっても預貯金がないとか

そういうことにならないような習慣づけをしましょう。

ついつい付き合いで使ってしまうというのも

現金で持っていたり銀行の普通口座に入れているから

お金が引き出せてしまうわけですから

最初から証券口座に振り替えとくとか

積み立てとかにしておけば

簡単に引き出せない上に

先輩方にも金がないという口実で

お断りすることもできるわけです。

全く付き合わないというのも、それはそれで

日本の場合は足を引っ張る人間が出てきてしまうので

うまく間合いを取りましょう。

金銭的な投資以外に、自己投資も忘れずに


金銭的な投資を若いうちから始めることも重要ですが

自己投資にもきちんとお金をかけましょう。

ここで言ってる自己投資というのは

闇雲に自分が使うものに金をかけろっていうことではないですよ。

自分のやりたいことの知識や人脈をつくるために

お金を投入したほうが良いよねということです。

本を読んだり、趣味の時間をきちんととったり

自分の知らないことを知っている人に

話を聞きにいったりとか案外大事です。

ひょんなことから仕事に役立ったりしますので。

それに会社内だと、どうしても利害関係が絡むので

外に人脈を残しておくのがいざというときに大事になります。

給与収入だけが収入じゃないんです


新社会人の皆さんに一番知っておいてほしいのがこのことです。

月々の給料だけが収入を得る方法じゃないんです。

投資を学び始めればそのことが分かると思います。

仕事を通して世の中に貢献したい人でも

実際には特にやりたい仕事じゃないけどしぶしぶ就職した人でも

収入が増えれば資本主義社会では選択肢が増えます。

選択肢が増えるというのは

豊かだということです。

ただでさえサラリーマン年収は頭打ちになっていますので

副収入を得ようというのは合理的選択です。

くれぐれも会社に使われるのではなく

逆に利用するぐらいの気持ちで頑張ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top