【投資】投資詐欺に合わないように私が気を付けていること

スポンサーリンク
Pocket

明日はエイプリルフールですので

それをネタに色々と盛り上がったりするのでしょうが

ネタとしての嘘と投資詐欺とは全くの別物ですね。

今回は私が投資詐欺に合わないように

気を付けてチェックしていることの話をします。

スポンサーリンク

投資案件が公的に詐欺案件になっていないかチェック


まずは当たり前のことですが

その投資について取り扱っている個人・団体などが

金融庁の注意喚起ページ(下記参照)

http://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/attention.html

から飛べるリンクなどを参照にして

悪質業者として分類されていないかチェックします。

ただし、注意書きでも書いてありますが

このサイト上にいないからといって

=投資詐欺ではない

ということにはなりませんので注意してください。

あくまでも確認できている分に関して載っているので

新規で湧いてきた詐欺業者は載っていません。

胡散臭いポイントをチェック


利回りが異常に高い

例えば年率で30%以上を恒常的に出すとか言われたら

完全に眉唾物ですね。

かの有名なオマハの賢人ことウォーレン・バフェット氏の

バークシャーハサウェイですら複利運用で20%なんですから。

それを上回るベンチマークを出すっていうのは

少なくとも過去20年分ぐらいの業績利回りを出せって感じです。

詐欺案件だったら出せないと思いますが。

「必ず儲かる」とか言う

投資の世界に「必ず」という言葉はないと思います。

知識がなければいずれ退場するということはあるかもしれませんが

リスクとリターンの関係があっての投資です。

もし相手がこちらが納得できる

リスクの説明が出来ないようであれば

それだけで疑うには十分です。

「あなただけに」とか言う

いやそんなに良いものなら別に私だけでなくて

世の中に広く大々的に広めなさいな

それこそが社会貢献というものですね。

大っぴらに出来ないのは何か後ろめたい部分があるからでしょう。

全く面識がないところから話が来る

お前誰だよ?で終了です。

なんで他人に儲け話持ってくるの?

自分でやらないの?と疑問に思います。

契約を急かす

こちらとしては検討をする時間が欲しいのに

今すぐ投資しないとだめですとか

明後日までに振り込まないとチャンスがなくなりますとか

契約を急かしてくるのは異常ですよね。

とりあえず、この辺りを意識しておけば

儲け話だからと言って

すぐに飛びついたりはしないかなぁと思います。

無知な強欲はカモにされるだけです


そもそもの話ですが

世の中にそんなにうまい話は転がっていないんです。

例えば100%儲かる話や仕組みがあったとして

それをわざわざ、ご丁寧に赤の他人に教える人がいますか?

少なくとも私だったら自分が儲けきって

必要な金額が稼げたらやめるだけです。

企業の設立者や設立時の出資者でもないのに

未公開株式が手に入ったり

ただお金を建て替えるだけで

数百万円くれたりするわけないですよね?

冷静に考えれば分かることですが

欲に目がくらんでお金を出したりするわけです。

欲があること自体は私は悪いことだとは思っていませんが

そこに無知が加わると詐欺に合う確率が上がってしまいますね。

投資について学んで

少しでも金融リテラシーが身についてくれば

胡散臭い案件は少し考えれば判別できるはずです。

もしも判断がつかないのであれば

実際に金融庁とか

消費生活センターとかに聞いてみればいいんです。

丁寧に教えてくれるんじゃないでしょうか。

手を変え品を変えて、日々投資詐欺も進化していますが

大切な投資原資を自衛できるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top