【投資】株価が下がったときは再検証のチャンスじゃない?

スポンサーリンク
Pocket

日経平均株価が随分と下がってきてますね。

私もポートフォリオ上で損していますが

むしろ下がったときのほうが検証するには良いのではという話をします。

よし、一旦落ち着こう


どんな投資でもそうですが

やっぱり含み損を抱えると心がざわざわしますね。

でもそこで狼狽売りする前に

ちょっと深呼吸でもして少し考えてみましょう。

投資対象の本質的な価値が変わったのだろうか


株価が下がってしまったのは事実だとして

投資対象の本質的な価値が変わったんでしょうか。

例えば好業績・高配当・高市場占有率の企業があったとしたら

むしろ株価が一時的に下落したときは

買い時なんじゃないのかなぁと。

その企業が持っている強みが

失われたので下落しているなら

さっさと損切りしてしまうべきだと思いますけども。

買い時だったとしても現時点で投資原資があまりないので

指を咥えて見ているしかないのですが

目星をつけている企業の株価が

割安になったのか割高になったのかは

チェックしていきたいですね。

株価は当然上下する


優良企業でも当然のごとく

株価は上下変動を繰り返すので

それは下がるときもあります。

※じわじわ右肩上がりが一番ありがたいですが

例えば上昇基調だったけど

テクニカル的にデッドクロスしたとか

市場全体が軟調になってしまったなら

一旦利益確定か損切して

入りなおすタイミングを検討するべきかとかも

考えたほうがいいかもしれませんね。

自分の立てたストーリーから脱却していないか


投資をするためには

あらかじめ自分が建てた見込みが必要かと思いますが

そこからあからさまに外れた状態になっていないかも

下がってきたときには確認したほうが良いですね。

ズレていないならばホールド

ズレているならばいったん売却して

再度ストーリーを組みなおしたほうが正解かもしれません。

と、自分に言い聞かせている


いろいろと書いていますが

自分の持っているポジションが正しいかどうかは

常に確認すべきだですね。

含み益のときは雑でもいいかもしれませんが

含み損のときは早めの損切りの要否が

判断出来るかどうかで

結果がだいぶ変わってしまうので

慎重かつ迅速に検証すべきです。

私も地合いが弱いものについては

今朝の成り行きで損切しましたが

そのまま持っていたら損失が倍近くに

なってしまっていたので

損をしたのは痛いですが、正解でした。

というかむしろ切った後に

空売れば良かったぐらいですが

たらればの話ですのでそれは仕方ありません。

投資原資が少ないもので

損は少ないに越したことはないのです。

正直なところ

今回の下落の原因が円高なのか

地政学的リスク(防衛関連は軒並み上げてるし)

なのかは分かりませんが

現物は好業績および配当有りの銘柄なのでホールドしつつ

市場の動きを注視したいなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top