【雑記】情報を知らずに機会損失することは避けたいなという話

スポンサーリンク
Pocket

今日久々に友人とインドカレーを食べに行っていました。

辛いものは好きで、体質的にも多少耐性があるのですが

今回行った店は結構香辛料が効いていて

予想よりも辛く、結構汗が出ました。

最近スパイスを取れていなかったので久々に楽しい時間でした。

と、このブログはカレーブログではないですから

カレーの感想はともかくとして、

その飯の中での会話で思ったことは

情報を知らずに機会損失することは避けたいなという

そんな話をします。

スポンサーリンク

「30代半ばになってくると、たまにあっても保険と年金と投資の話しか出てこない(笑)」


飯を食っていた中での本日のベストワードですが

まさしくその通りなのでしょうがないですね。

今の認識からするともっと若い頃からきちんと考えておくべき

参考:【雑記】投資を始めるならば絶対に若いときから始めたほうが良いという話

だったということはありますが

それはたらればの話です。

しかし年齢も30代半ばになってくると

友人らも身近に

保険や年金、投資の話が色々と自然に出てくるそうです。

皆きちんと考えていて、聞いてみると

余りにも割高な保険とかには

手を出していないようで安心しました。

また実際に資産運用をしているのは、私を除けば

不動産投資(区分けを1部屋:当然黒字)をしている

友人1名ぐらいでしたが。

それでも資産運用をやっている側の共通の認識としては

不労所得を増やして

今よりは楽に仕事したいってことでしたけれども(笑)

やっていない側の言い分としては

「関心はあるけれど良く分からないし、怖いからやっていない」

ということでした。

やらないとジリ貧になる可能性があるよという話をしてみましたが

ピンと来てもらえたかなぁと若干不安です。

「安くなるのはわかるけど良く分からないから使っていない」


この話はいわゆる格安SIM、格安スマホの

話題になったところで出ました。

私はデメリットも承知の上で格安SIMを使っていて

キャリアを使っていたころよりも5分の1程度に

月々の費用を抑えていますが

CM等のイメージが先行しすぎて良く分からんというのが

友人らの認識でした。

まだ良く分からないから使わないというのは

メリットもあるのに

検討しないのは勿体ないとは思います。

ただ良く分かってもいないのに契約して

よくよく見れば、契約時分かることについて

国民消費生活センター等に

文句を言っている方々よりはいいかなぁとは思います。

「調べようと思っても情報量が多すぎるんだよね」

ということでしたが、それは確かにその通りだなぁと。

ネットでも山のように情報が出てきますし

書籍等も多く発行されています。

何が良いのかを選択するのは

確かに経験がないと分からない

こともありますね。

全く0の状態から情報収集することは難しい


この2つの話から言えることとしては

投資等の話でも、格安SIMの話でも、他の○○の話でも

何の知識もない状態の人が

正しい情報収集を実施するのが結構難しいということでした。

玉石混交のネットや書籍の中から

必要な情報を取り出すのは慣れている人には簡単でも

全く慣れていない人からすれば

かなりの手間ですし。

結果を出している、もしくは経験者に聞くことも必要


良く分からないことは

その道で結果を出している人や

経験がある人に聞くのも手っ取り早いですね。

ただし世の中は悲しいかな、善人ばかりでもないので

胡散臭い話にはのらないように

気を付けなければいけませんけれども。

参考:【投資】投資詐欺に合わないように私が気を付けていること

情報を知らないということは選択できないということ


どのような手段で情報を手に入れるかというのは

非常に重要ですが、

さらに問題なのは情報の中身を知らないと

色々な選択肢が自分の中に入ってこないということです。

情報を知っていて、あえて選ばないというのは

個人の取捨選択ですが

全く知らずに機会損失している場合は

非常にもったいないと思います。

少しでも関心がある情報は

自ら積極的に収集し

詳しい人に聞いてみて

自分の中の選択肢に組み込めるように

日々注意していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top