【投資】毎月分配型投資信託を買う理由がひどすぎる

スポンサーリンク
Pocket

日経新聞の5/7付の一面に

「投信不信 迷うマネー

金融庁批判で「毎月分配」自粛 14年ぶり資金流出」

※日経電子版はこちら

という記事があったのですが

日曜の朝から正直日本の投資信託は

頭痛い状況だなと再認識させられました。

スポンサーリンク

一番頭が痛かったのはこのコメント


神奈川県の40代の主婦は

「分配金は精神安定剤。毎月ちゃんと出ていれば安心できる」という。

京都市の60代の主婦も

「投信は基準価額の変動が大きすぎて心配。

元本割れしたとしても毎月分配型以外は買わない」と話す。

個人は長期運用に不安を抱いている。

出典:日本経済新聞

「投信不信 迷うマネー

金融庁批判で「毎月分配」自粛 14年ぶり資金流出」2017/5/7より

このインタビューを受けた方々には

大変申し訳ないのですが

金融機関の良いカモにされているという

印象しか受けませんでした。

というかですね。

投資信託を販売する側は

投資の基本的なことが理解できていない人たちに

適当なこといって

元本割れ確実で割高な投資信託を

売りつけるんじゃないよ

というのと

情報発信者として

日経新聞さんも記事にするのが遅すぎるわ

というのが感想です。

歴史から学べば

本来投資というのは

長期的な視野で見なければいけないし

詳細に分析すれば

毎月分配型投資信託の大半が顧客本位ではない

ということは分かっていたはずなのに

金融庁が言い出したから

参考:【雑記】金融庁長官の「日本の資産運用業界への期待」を読んで思うこと

それに乗っかってるのはどうなのかなと。

毎月分配というのが悪いわけではない


正直なところを言えば

国内の毎月分配型投資信託に

良い商品がほとんどないというのが問題

(※毎月分配型の投資信託を一通り調べてみましたが

自分で購入したいと思うものはありませんでした。)

なだけだと思います。

現状からすれば

高齢者で資産がある方が

  • 複利効果がなく
  • 普通分配金がほとんどなく
  • 元本払戻金(特別分配金)として元本を取り崩して配当される

ような投資信託を買うなら

預貯金を取り崩して使ってたほうが

購入手数料や信託報酬などの経費が掛からないだけ

まだいいんじゃないですかと思うのですが

どんなものなのでしょう。

投資するなら学習すべきだと思う。


自分の大切なお金を託す訳ですから

金融機関の言われるがままに

毎月分配金が出るから安心とか

元本割れしてもいいとか

よく分からないことを言っていないで

学習してほしいです。

そもそも算数が出来ないような状態で

投資をすることは大問題でしょう。

しかし、買う側の金融リテラシーが向上しないと

金融庁にハッパをかけられたにせよ

まともな投資信託を作っても売れないというのは

投信業界の自業自得としかいいようがないですね。

金融庁のテコ入れはやりすぎだという

意見もあるようですが

市場規模が縮小すれば全員がジリ貧になるのは

目に見えているので

ど素人でも堅実な運用ができる商品が

生まれてくれて成長することを期待したいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top