【資産運用】ピクテ-iTrust 新興国株式がどうしても気になるので少額積み立ててみることにした

スポンサーリンク
Pocket

最近(2017年4月28日)に設定された投資信託で

iTrust新興国株式 愛称:働きざかり~労働人口増加国限定~

(ファンドの詳細ページについてはこちら ※SBI証券のページです)

というものがあります。

このファンドがどうしても気になるので

少額から積み立ててみることにしました。

ちなみにもっと詳しい説明はたぱぞうさんのブログ


に記載されているのでそちらも参照してください。

スポンサーリンク

気になる理由


新興国から労働人口増加国のみ抽出している

引用:http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/bm_170428fund.pdf

私は基本的に人口ボーナスがなくなる国には

それほど期待していません。

既存の新興国株式に投資するものは

上記のグラフにあるように

もう既にあまり人口ボーナスがないというか

新興国?という国が混ざっているのが嫌なのです。

特に一人っ子政策で人口に歪みが発生していて

将来、急速に高齢化しそうな中国に

投資するのが不安で仕方がありません。

持っているバランスファンドでは

iFree8資産バランスで

やむなく投資先に入ってしまっていますが

それでもFTSEを採用している

バランスファンドを選ぶことによって

出来る限り人口ボーナスが見込めないところを排除しています。

ちなみに私が米国株に投資しようとするのは

米国企業自体が基本的に対象市場がグローバルで

世界経済に投資しているのとほぼ同等だからということ。

それに予測上は米国は労働人口も

緩やかにですが右肩上がりだからです。

ということで労働人口が増加する見込みがある国は

今後潜在的な成長の要素があるということだと思っています。

何よりもそれが気になる理由です。

当然デメリットもあります


法律関係

こちらで取り上げられている新興国ですが

何よりも法整備が先進国に比べると万全ではありません。

国の安定と経済成長が軌道に乗るためには

法制度が整備されて適切に運用される必要がありますが

よくニュースでも取り上げられる通りで

紛争やテロ、通貨危機など

これらの国はまだまだ安定しているとはいいがたいです。

この辺は日本が共に栄えるためにも

積極的な支援をしてもらえるとありがたいのですが・・・。

ファンドの手数料が高い

そもそも投資信託の手数料が年率で1.167%もあります。

税込みで1%を切ってくるようであれば

もっと積極的に行きたいところですが

ちょっと様子を見ていくしかないですね。

これだけ手数料を取られると

せめて年率8~9%ぐらいは結果を出してほしいんですけど

出来たばかりなので何とも言えません。

試しで少額から買ってみます。


流石に積極的に資金を突っ込んでみるのは厳しいので

まずは1万円ほど金額買付しました。

今後は月に1000円ほど積み立ててみます。

これならお小遣い程度なので

何かあってもダメージも少ないですから。

こちらは日本株予算から捻出していきたいと思います。

もう少し余裕が出来てパフォーマンスが良さそうであれば

増額も検討してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top