【雑記】ネットが無ければ投資するということすら気づけなかったかもしれない

スポンサーリンク
Pocket

私が投資の世界に関心を持ったのは

家庭を持って将来収入に不安があったというところが

一番大きいですが

それでもネットが無ければ

投資をするということにすら気づけなかったかもしれません。

スポンサーリンク

ネットにはとても感謝している


ネットが無ければ

私はおそらくは結婚もしていないと思います。

(※実際に嫁様と会ったのもネット婚活でしたし。

ちなみに婚活の話は嫁様以外の部分は

可能ならば黒歴史クリーナーで

消し去りたい過去なのでお話しすることはないでしょう)

ということは

投資と不労所得を学ぼうとするきっかけが

得られなかったということで

おそらくは今でも只々現状に不満を抱きつつ

目的もなく家と会社を往復するという

面白くもない生活をおくっていたはずです。

さらに、そこから将来的には貧困層に落ちるという

バットエンドルートに入っていたでしょう。

そこを回避する可能性をくれただけでも

ネット社会には感謝を申し上げます。

元々は低い金融リテラシーをネットが高めてくれた


結婚と子供の誕生で、

本気で投資の学習をするようになって

多少金融リテラシーが向上してきたとはいえ、

やはり素人なので

最初は何から取り組んだらいいのかが

分かりませんでした。

そこで確認したのはやはりネットからでした。

仮にネットが無ければ

全く金融教育を受けていないのに

どこから情報を取ってくればいいのでしょう。

私が投資の学習のために読んでいる本も

ネット上の著名な投資家さん(複数名)が

お勧めする書籍や

購入した本からの参考文献だったりするわけです。

何も手元に情報が無ければ

最初から金融機関や証券会社に行って

手数料の高い金融商品を買わされていたかもしれません。

今、投資関係のサイトやブログ記事は豊富にあります。

そこを一通り巡回しただけでも

色々な投資方法や考え方に触れられるというのは

とてもありがたいことです。

現代人にはネットという道具がある


あくまでもネットは道具ですので

使い方によっては薬にも毒にもなるでしょう。

実際にネット詐欺のサイトや

ぼったくり情報商材を紹介しているサイトなんてのも

ゴロゴロ転がっています。

それでもネットがあればこそ

必要な情報を必要な時に見ることが出来ますし

例えば企業情報も

流石にインサイダーや機関投資家よりは遅いでしょうが

それほど遅延なく確認することもできます。

またマスコミ批判をするわけではありませんが

本当に報道されている情報が

正確なものなのかも確認しやすくなりました。

ネットが無ければ証券会社の手数料だって

高いままだったでしょうね。

これほど個人で投資をするのに

ハードルが低くなっているのも

ネットが発達したおかげだと私は思っています。

投資ブロガーの方たちとも繋がりが持てるのも

ネットのおかげです。

TwitterやFacebook、

GoogleやYahoo!などが無ければ

実現できていない世界です。

玉石混交の情報があふれる時代ですが

うまく取捨選択して

この道具を使いこなしていきたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top