【資格】ファイナンシャル・プランニング技能検定3級を受けてきました

スポンサーリンク
Pocket

随分前に宣言していましたが

本日ファイナンシャル・プランニング3級

(個人資産相談業務)を受けてきました。

スポンサーリンク

当日までの勉強量など


私の勉強法は

参考書を読む→参考書の関連問題を解く→問題集を解く→参考書に戻る

という、いたって普通の方法です。

ただ正直なところ

参考書と問題集(下記参照)を

長期間かけて3巡する程度しか勉強できませんでした。

試験の申込みから結構な時間があったのですが

仕事や子育てとの都合上やら

なんやかんやでその程度の分量です。

結局のところ言い訳でしかないですが

基本的に過去問解いても合格ラインは超えるものの

ギリギリすぎる状態での試験当日でした。

試験会場の様子など


会場はセミナールームのようなところで

それほど人数がいたわけでもありませんでしたが

色々な年齢層の方がいましたね。

私の目がたまたま行っただけかもしれませんが

若い女性も多かったと感じました。

ただ気になるところとしては

案外試験を受けに来ていない人が

一定数いたということです。

どういう事情なのかは分かりませんが

例えば仕事の都合なのか

はたまた家庭の都合なのか

いずれにせよ、ちょっともったいないことです。

時間までに集合、試験官の説明を聞いて試験開始。

特に午前中の学科の試験は途中退室可能だったので

半数以上が途中退室していました。

(私も午後の実技試験の付け焼刃的な学習時間のために

途中退室しました。)

午後の実技試験は退室不可でしたが

出来れば、こちらも途中退室したかったです。

自己採点の結果


ファイナンシャル・プランニング技能検定は

問題文が持ち帰れるうえに

その試験日のうちに模範解答が公開されます。

凄いですよね。

他の技能検定もいくつか受けたことがありますが

即日解答公開ってかなり速いスピードです。

おそらく問題文自体がかなり前に作成されていて

模範解答もすでに準備されているのでしょう。

テストを受けてくれば問題文は持ち帰れるので

解答した項目をチェックしておけば

すぐに自己採点できるのでいいのではないでしょうか。

で、気になる採点結果ですが

学科・・・48/60(合格ライン36点以上)

実技・・・32/50(合格ライン30点以上)

実技ギリギリじゃねーか!!

実技は株式と不動産では全問正解だったものの

年金と相続の項目で足を引っ張ってしまい

あと1問でも外れていたら不合格となっているところです。

ただマークシートも抜け漏れがないかチェックはしましたが

上手く認識されなかったりすると

不合格の可能性もある非常に不安な状態ですね。

きちんと学習時間をつくるべきでした。


自己採点では合格点に届いているようですが

結果が届くまでは非常に不安な状態です。

資格を取るというよりは

学習するということに重きを置いていたので

この点数はあまりよろしくありません。

もっと内容をきちんと身に着けていれば

こういったギリギリの点数にはならないはずなので

あまり関心がない項目でもきちんと勉強すべきでした。

年金はもらえないものだと思っているので

元々頭に入ってくるのが遅いのと

相続もまだ両親も健在だし

遠いことだと思っているのかもしれません。

その証拠に関心があった

株式と不動産については頭に入っているので。

この点については非常に反省するところが多いので

少なくとも今後の資格学習では

あらかじめ決めた時間を定期的に

割り振っていきたいです。

ただ、それでも勉強すれば合格点に届いた

下記の参考書及び問題集は有用でしたね。

早速新年度版が発行されているようですので

もしもFP3級を目指す方がいればおススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top