【雑記】本当に必要な残業以外はしたくないよ

スポンサーリンク
Pocket

勤務先のシフトが変更になり

残業が発生するようになってしまいました。

家族に割ける時間も減るので非常に嫌です。

単発でどうしても必要な残業以外は

したくないというのが本音ですね。

スポンサーリンク

慢性的に必要な残業なんて社会悪だ


そもそも残業が単発で発生してしまうならともかく

慢性的に発生している会社ってよくありますよね。

これは誰が悪いか考えてみると

残業をしている人間が悪いのでしょうか?

違いますよね。

基本的に会社の管理体制が悪いのです。

不要な残業が発生する=

仕事に対する人員もしくは能力が不足している

またはやらなくても問題ない仕事をやっている

ということだと思っています。

仕事量の問題であれば

それぞれの負荷量に合わせて割り振らなければいけませんし

それでも人員が不足ならば補充するべきです。

仕事をする人材の能力が不足しているならば

教育しなければいけませんし

やってもやらなくても問題ない仕事は削るべきです。

これは完全に管理側の問題です。

また生活のために残業代を稼がなきゃいけないので

会社に残っているなどという社員は

生産性が著しく低くなっています。

そういう人材がいないかどうかを

チェックするのも管理側の問題です。

これまでの業務を定時内にて

完了できるかを検討し

実現可能であれば

定時内での給料を上昇させる代わりに

残業代を削減したほうがまだマシです。

不必要な残業→帰宅時間が遅れる→睡眠時間が不足

→睡眠不足により翌日も生産性が低い状態のまま出勤

→最初に戻る

という悪循環が広がっていくだけのような気がしてなりません。

だから通勤時間帯のサラリーマンって殆どが

つらそうな顔しているんだよなと。

たまに東京に行ったりすると

みんな疲れた顔をしているように見えます。

そんな雰囲気の社会は喜ばしくはないでしょう。

だから不必要な残業は社会悪だと私は思います。

帰ってきて嫁様や子供と話もできないのはどうなのか。


家に帰ってきて

何の会話もなく一人でご飯を食べ、風呂に入り

ただ家族の寝顔を見るだけってどうなのでしょうか。

久々にそういう状態になってみて

感じるところとしては

「何のために仕事してるんだろう」ということだけでした。

いや家族の生活のためには

自分が稼いでこなければならないのは

十二分にわかっていますし

働かなければ投資原資も確保できないですよ。

でも、そういうことだけじゃないんだよなぁと

凄く気分がモヤモヤとしてくる。

あまりごちゃごちゃ考えていると

余計に不安や不満が出てくるので

出来る限り上手く立ち回って

極力残業は回避できるように努力するしかないですね。

ちょっと愚痴っぽくなって

取り留めのない文章にしまったし

明日も仕事だ寝よう。

メンタルリセットには風呂と睡眠が一番だよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top