【雑記】たまには投資から離れることも必要です

スポンサーリンク
Pocket

将来に危機感を覚えてからは、日々

投資や不労所得とはなんぞや

ということを常に頭の片隅に置きながら

生活しています。

それでも、たまには頭を休めないと

パンクしてしまうのでは

という話をします。

スポンサーリンク

色々と考えなければいけないことは多い


今は専業ではないのですから

他にも考えなければいけないことはたくさんあります。

  • 嫁様の機嫌(これ一番重要です)
  • 子供たちの健康な成長
  • 子供たちの教育
  • 日々の家計
  • サラリーマンとしての仕事
  • (田舎なので)近所づきあい

などなど

特に嫁様の機嫌を損ねようなものなら

むしろ投資で損切するほうがましだと思うわけで。

※個人の価値観です。

むしろこうやってブログを書きながら

投資や不労所得のことを考える時間があるのは

贅沢なことだなぁと思っています。

他のしなければいけないことの足を引っ張ってはいけない

例えばですが

投資で大きくポジションを取り過ぎたものが

利益が上がればいいですが

含み損がどんどん拡大していくような局面だったら

どうでしょうか。

普通に考えれば即損切して次へ

というのが正しいのでしょうが

そうは踏み切れずに大きく損をした

経験があるものからすると

それ以外のことが

手につかない状態になる可能性が大きいです。

他に大事なことがある場合だってあるのですから

買ったら指値して放置しておいても

直近では問題ない位の状態にとどめておくか

インデックスファンドに定額を定期積立するとか

心身にプレッシャーがかかり過ぎない投資を心掛けるべきですね。

投資が趣味の域まで持っていきたい


先日に

【雑記】お金の学習をするのは楽しいことだと思う。

という記事を書いていますが、

私にとってこれは間違いのないことです。

新しい知識がどんどん入ってくるので楽しいのですが、

これを趣味の域まで持ち上げてくるというのは

中々に難しい部分もあるかもしれません。

ただこれまでの自分の趣味と比較しても

面白さとしては遜色ないので

楽しく続けられるようには思います。

趣味だからといって必要以上の損失は許容しない

投資は趣味でやってるから損失が出ても気にしない

などという話をどこかで聞いたことがありますが

それは個人資産に余裕がある人だからであって

私のような凡庸なる投資家にとっては

そんな余裕はございません。

あくまでも投資法の学習をすることが趣味なのであって

実践する投資そのものについては

「利潤の追求」が最優先事項です。

たまには休むといいアイデアが浮かぶかもしれない


仕事などでもそうですが

全く関係のないところから

新たな気付きが生まれることはあります。

たまには投資からはなれて

どこかに遊びに行ったり

家族や友人と食事をしたり

などといったところから

新しいヒントが出てくるかもしれませんしね。

投資だけで頭でっかちになっても

バランスが悪いでしょうから

ワーク・ライフ・バランスだけではなく

インベスト・ライフ・バランス(造語です)も

きちんととりたいなと思うところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top