【米国株】インターナショナルビジネスマシーンズ(IBM)から初めての配当

スポンサーリンク
Pocket

先日買ったインターナショナルビジネスマシーンズ(IBM)から

初めての配当が振り込まれました。

キャピタルゲインからすると

購入するには上手くないタイミングでしたが

やはり配当が出てくるというのは

嬉しいものです。

スポンサーリンク

配当内容


保有株数:7株

1株あたり配当:1.5ドル

税引き前配当:10.5ドル

外国源泉徴収後:9.45ドル

国内源泉徴収後:7.56ドル

でした。

SBI証券の外国株の買付余力に反映されていましたね。

あ、そこの方金額ショボいとか思いませんでしたか?

確かに金額はそうかもしれませんが

最初はこんなものだと思います。

何よりもこの配当を貯めておいて

再投資していくという方針ですので

いずれ100ドル単位で配当されるように頑張ります。

購入した時点よりも年間配当は上がっている


購入時点での年間配当金の予想は

5.6ドルでしたが

増配予定で6ドルに上がっています。

やはり米国株は増配してくれる

株式を買うのが気が楽ですね。

ただIBMの財務状況については

あまり良い状況でもないので

とりあえずは減配しないことを望みます。

頼むよ、ワトソン君。

キャピタルゲインが・・・そんなの関係なし


購入時に170.9ドルで購入して

今は154ドル前後です。

日本株であれば購入タイミング的に失敗だったと

損切するところですが

超長期保有目的ですので

3年位たてばインカムゲインで値下がり分も吸収できます。

値下がり原因として一番大きいところは

オマハの賢人ことウォーレン・バフェット氏が

保有株式を売却したというニュースによる

投げ売り的な状況が一番大きいと思います。

色々な米国株ブログでも取り上げられていましたね。

私の購入している理由には

バフェット氏が保有しているから

という項目はないので

長期目線でほったらかし投資です。

流石に大幅減配されたら考えますけどね。

頼むよ、ワトソン君。(2度目)

次はどれを買おうかなぁ


毎月米国株資金は貯めていますが

来月にはボーナス支給もありますし

通常の月次予算から回すとしても

今月末にも次の銘柄が買える状態になりそうです。

IBMを買い増しという選択肢もなくはないですが

流石に分散ということも考えると

他の銘柄を買おうかなと思います。

狙うところとしては

配当利回りがかなり高くなっている

AT&T(T)か

ベライゾン コミュニケーションズ(VZ)かな

などと考えています。

ボーナス額がまだ未定ですが

買えるようだったら両方買おうかなどとも考えています。

電気通信セクターでの分散にもなりますし。

フィリップモリスあたりも欲しいなぁ。

などと考えている時間が非常に楽しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. k より:

    個人的には20年間マイクロソフトを持ちっぱなしです。当時100株@90ドル、為替が130円でしたが、現在は2回の分割で400株@70為替110円ですので、ざっくり120万円の投資が300万円になり、プラス配当ですね。
    当時はまだ外国株投資が今ほど一般的ではなくFXという言葉すらありませんでしたが、単純に世界一のお金持ちビルゲイツに預けとけばええやん位の感覚でした。
    おそらくこれからも堅調に推移すると思ってます。
    私の考え方ですが、米国へ投資する魅力はやはりグロースだと思います。特に少額投資であれば大型の安定した企業よりは成長過程の中小型の方が良いと思います。

    ちなみに最近ではモービルアイに投資していたところインテルに買収され大勝利。その資金でスクウェア(SQ)
    に投資してます。まだまだ配当のない状態ですがカード決済分野では日本でも知名度が上がってきてます。

    • 正武 より:

      コメントありがとうございます。
      おー、マイクロソフト凄いですね。
      途中で下がったときに放り出さなかったことが凄いと思います。
      ※私はまだ暴落市場の経験がないので
      今後もよほど変なことにならない限りは盤石でしょう。

      確かにアメリカンドリームに乗っかるならばグロース株は面白いかなと思います。
      ただまだそこまで分析する余力がないので
      ディフェンシブ企業に投資しているというのが現状ですね。

      いずれにせよ長期的に見ればリターンが期待できるのが米国株の魅力だと考えています。

Top