【雑記】残業代は定期収入とは考えないほうがいい

スポンサーリンク
Pocket

月曜日です。

今週も始まりましたが

つい先ほど帰ってきて風呂に入ったところです。

現在抱えている仕事で

若干上手くない出来事が発生して

その対処に追われてきました。

明日も引き続き対処するのですが

明日のことは明日の自分にまかせて

このブログを書いたら寝ます。

しかし日本のサラリーマンは働き過ぎだと思いますので

世の中の残業している方々、本当にお疲れ様です。

今回は残業代は定期収入と考えないほうが良いですよ

という話をします。

スポンサーリンク

不況になったら残業代は削られる


世の中には残業代を削減すると同時に

残業によるコスト減額分を

従業員に還元する制度をとっている

仏のような企業もあるようですが

私の勤めている企業はそうではありません。

確かに一定の残業というものは

人手(企業の都合で働ける人)不足で仕事を回している

今の社会では社会悪として存在しているわけです。

また、そのために残業代が最初から生活給に

組み込まれてしまっている人も多いと思います。

私も昔はそうでした。

今月も○○時間程度の残業だから

給料はいくらになる・・・とかね。

ただ、それはある程度残業時間を

コントロールできるから可能なわけであって

不況になると、大半の会社では

真っ先に残業時間を削減せよという命令が

上層部から出されることになるでしょう。

一番ひどい時がリーマンショックの時でしたが

どんな状況であろうとも残業時間は「0」

仮にやったとしてもサービス残業扱いにしかならないという

いわゆるブラック企業よろしくな状況が

数ヵ月続いたことを覚えています。

ボーナスまでは「0」にはなりませんでしたが

業績指数やら何やらが過去最低になり

かなりふところが厳しくなった時期でもありました。

当時は節約・倹約志向もあまりなかったですし。

残業代を臨時収入枠にしておくと余裕ができる


残業代などが大幅減額されて

基本給+諸手当のみで生活せざるをえなかった経験から踏まえると

基本給+諸手当の毎月確実にもらえる金額を

ベースに毎月の予算は組んでいったほうが良いです。

毎月入ってくる最低限の金額で生活できるのであれば

多忙で残業代が多く出た場合には

投資原資として回せたり、

いざというとき(出産祝い、結婚祝い、香典など)の

予備費として貯蓄しておいたり

元から余裕資金として該当しているので

趣味や余暇に使うことも問題ありませんよね。

残業代は頑張ってきた自分の余裕資金と思えば

ちょっと気持ち的にもゆとりができるかもしれません

残業よりも大切なものがある


残業代を生活給として収入に組み込んでしまうと

それを稼ぐために時間を犠牲にしなければなりません。

私はあくまでも生活のために仕事をしているので

本来であれば常に定時であがりたいわけです。

残業だって残業代が出るので

仕方がないから大切な時間を切り売りしているだけです。

本来であれば

子供が小さい今しかできない

子供と風呂に入ったり、絵本を読み聞かせたりとか

家庭内の雰囲気を悪くしないためにも

嫁様と会話してどんな感じかということに気配りしたり

ブログのメンテナンスもそうですし

投資と不労所得の学習もしたいのです。

そういった意味からも年間予算と月次予算は

残業代を含まない金額でたてるべきですね。

とはいえ今月末にかけては忙しいので

がっつりと会社から残業代をもらいたいと思います。

家族へのフォローは週末に予定しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top