【雑記】嫁様の初任給が振り込まれまして

スポンサーリンク
Pocket

先日嫁様の初任給が振り込まれました。

子育てと同時に働いてもらえる嫁様の

なんとありがたいことか。

足向けて寝られないですね。

あ、ちなみにこの記事の大半は

嫁様に対する惚気記事ですので

それをご承知おきの上、お読みください。

スポンサーリンク

ちょっとしたトラブル


夫婦で給与明細を見ていて

どうにも支給額が変だなという

話になりました。

今月の頭から働き始めて、慣らし保育などもあり時短勤務だったり

娘が少し熱が上がって早退したり

そもそも15日締めということなので

約半月分の仕事量=月給も最初の月なので諸々日割り等

だと思ったら満額支給されていました。

また保育料も天引きされていないので

どうなってるんだろうという話です。

今月時点では

初任給は諸々引かれて5~6万円位なんじゃないかと

夫婦で思っていた状態なので

明細を見てビックリしました。

いま嫁様の職場に確認してもらっているので

怖くて初任給は引き出さないように

しています(笑)

また昨年までは専業主婦だったので

住民税が引かれていないのも

忘れてはいけない部分です。

これを忘れていて来年になったときに

手取りが減ったとかにはならないように

お互いに注意しました。

ささやかながらお祝いを


とはいえ、働き始めて初任給が出たということは

おめでたいことなので

地元にあるこじんまりとしたケーキ屋から

いちごタルトを買ってきて

ささやかながら慰労をしたところでございます。

嫁様の頑張りからすれば

この程度では割にはあっていないとは思うのですが

今の私にできる範囲は残念ながらこの程度です。

倹約志向+国家資格持ちの正社員+子育てもしてる

とかありがたくて仕方がありません。

正直なところ私の運は嫁様と結婚したところで

使い果たしてしまっているんじゃないかとも思いますが

とりあえずは愛想つかされないように努力していきます。

子供がもう少し大きくなったら

私が家で子供らの面倒を見ているので

嫁様の友人と温泉宿で上げ膳据え膳でもしてもらおうかなと。

あ、お金の管理はやっぱり私がするのね


嫁様曰く

「食費と雑費として必要な分を残したら、

息子と娘の積立預貯金分と予備費他の分は

父ちゃん(私)に渡すから管理しといて」

とのこと。

出来れば働き始めたのであれば

お金の管理もきちんと学習してほしいなぁ

というところがあるのですが贅沢は言えません。

これは夫婦間の分業だと割り切るしかないでしょう。

少なくとも私には家族4人(私、嫁様、息子2歳、娘0歳)の

食費+雑費を3万5千円程度に抑えるスキルはありませんしね。

※両親分は両親が一部負担しているのでこの金額で間に合うらしいです。

夫婦なんですからお互いに得意なところを

押さえていくのが大切でしょう。

投資原資がさらに増えるようになる。


働き手が1人から2人になって

毎月渡していた食費分が浮くようになります。

これでまた投資原資が増えるのでありがたいことです。

子供たち用の積立預貯金については

来年以降はつみたてNISAで

インデックスファンドでも買っておいてもらいたいのですが

そこは稼いできている嫁様の意思を尊重しなければならないのと

私自身のキャッシュでの保持が少ないので

地元の信用金庫に対する信用を多少積み上げとくか

ということで子供たち名義の口座を作って積み立ての貯金にします。

子供たち分の運用は私の給料から浮いた分を

自分のつみたてNISAでしても良いですしね。

家計計画も見直しをかけなければいけないので

今月末に自分の給料が振り込まれたら

厳密に計算しなおします。

いずれにせよ優秀な嫁様のおかげですので

ありがたや、ありがたや。

私もそれに報いられるように努力して結果を出しますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top