【雑記】投資するにも集中できる環境は必要ですね。

スポンサーリンク
Pocket

暑い・・・。

今年の夏は暑いとは言われていましたが

7月の中旬でこの暑さではへばってしまいますね。

特に暑さで集中できない状況では

投資の学習をするにも

実際の投資判断をするにも

色々と悪影響が出ますよ。

スポンサーリンク

夏だから暑いのは仕方ないかもしれないですが


夏だから暑いといっても

程度の問題があるでしょう。

私は寝具には気を使っていて

夏場は冷感のシーツなどを愛用しているのですが

それでも寝汗が酷くて

朝起きると軽く水分不足を感じるような状況です。

快適に睡眠がとれなければ

投資の学習や

日中の仕事にも支障をきたしてしまいます。

特に熱中症などは屋内でも発生しますから

気を付けなければなりません。

自分の部屋を集中できる環境にしたいけど


今の家には私のわがままとして

夫婦の寝室の横に小さいですが

私専用の書斎があります。

寝室側にはエアコンがついているのですが

書斎側にもつけておけば良かったかなと若干後悔中です。

寝室からサーキュレーターで風を送ればいいのですが

当然嫁様と子供が寝ていますから

明かりで起こしては悪いです。

書斎との扉は閉めざるをえません。

とりあえず網戸状態にして風を巡回させているので

ブログを書いている今(夜の間)はまだマシですが

日中閉め切っていたりするとほぼ蒸し風呂状態です。

流石にそんな状況では

子供がスムーズに昼寝してくれても

部屋で汗だくになりながら投資の学習をするのは難しいですね。

そもそも一説によると脳が学習するのに最適な室温は

夏場ET20℃~24℃

冬場ET17℃~21℃

※ET=ヤグローの有効温度

(気温、湿度、気流の要素で体感温度をグラフにしたもの)

ということになっているのですから

そもそもクールビズでの温度設定が間違ってるんじゃないかと

個人的には思っているわけです。

暑いところで学習や仕事をしても

効率が悪いだけで何にもなりませんし

それでダラダラとやらなければならないなら

効率の良い環境で集中して終わらせて

早めに切り上げられるようにしたほうが

最終的に省エネになるんじゃないのかなと。

朝を有効活用するしかないですね


昼間が暑いのであれば

有効活用できる時間は朝方しかないのかなと。

何だかんだで夏場でも

朝方は多少気温が下がりますし

睡眠をとってからの時間ですから

頭の中のデフラグが完了している状態です。

昔から早起きは三文の徳とも言いますし

帰ってきたら早めに就寝して

1時間でも早く起きて学習するという習慣は役に立つし

健康維持という面からみても

良いのではないだろうかといったところです。

それでも余りにも暑いようなら

サーキュレーターと冷えピタ的なものに

頼りつつ日々投資の学習を続けていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top