【読書】『決算書はここだけ読め!キャッシュ・フロー計算書編』

スポンサーリンク
Pocket

今回の本は

『決算書はここだけ読め!キャッシュ・フロー計算書編』

(前川修満著 講談社現代新書)

です。

スポンサーリンク

キャッシュ・フローの重要性


会社の経営には、利益を獲得することが必要であることはいうまでもありませんが、利益を獲得すると、かならず、正味の資産が増加します。

一年間の事業活動で、正味の資産が増加したのか減少したのかを示した決算書は、「損益計算書」です。

いっぽう、資産には、「お金」の資産と「モノ」の資産があります。デフレの時代には、いたずらに「モノ」を増やしても、「モノ」は時の経過とともに価値を目減りさせてゆきますので、経営者は「モノ」よりも、「お金」を増やす経営を志向すべきです。

そこで、純粋に「お金」だけの増減を表示した書類の作成が求められるようになり、このニーズに応えるために作成されるようになった書類がキャッシュ・フロー計算書です。

このように本書で紹介するキャッシュ・フロー計算書は、会社が、事業活動でキャッシュ(お金)を増やしたのか、減らしたのかを示した書類です。

会社が、事業活動によって、お金を増やしているのであれば、その会社は正常な状態にあり、減らしているのであれば、苦しい状態にあるということを、キャッシュ・フロー計算書は示します。

その原理は単純ですが、いまどきのデフレの時代には、キャッシュ・フロー計算書は、きわめて利用価値の高い計算書類です。

引用:

『決算書はここだけ読め!キャッシュ・フロー計算書編』

(前川修満著 講談社現代新書)p36-37 太字は原著のまま

この本が発行されたのが2010年ですから

デフレ真っただ中の時代です。

正直なところを言えば

翌年には東日本大震災も発生する年ですし

良いイメージは全く湧かなかった頃ですね。

それはともかくとして

インフレであるにせよデフレであるにせよ

お金が正常に流れているかどうかを知ることは

家計でもそうですが

企業分析をする上でも重要なことです。

お金が流れなくなってしまえば

会社は倒産しますし

個人でも破産ということになりますから

インフレを目指しているとはいえ

まだデフレから完全に脱却しきれていない

現在でも有用な考え方だと感じます。

キャッシュ・フロー計算書の読み方


この本で述べられているのは、簡単に言えば

キャッシュ・フローは

  • 営業活動
  • 投資活動
  • 財務活動

によるものに分けられていて

特に見るべきポイントは

1、営業キャッシュ・フローが黒字であること

2、営業キャッシュ・フロー+投資キャッシュ・フローが黒字であること

3、損益計算書の利益が黒字なのにキャッシュフロー計算書の

投資キャッシュ・フローが赤字になっていないこと

4、投資キャッシュ・フローの中身

といったことだと読み取りました。

ちなみに何社かのキャッシュ・フロー計算書を取り上げていますが

例としてサラリーマン家計の場合のキャッシュ・フロー計算書も

載っていますので

会社だとイメージしづらいかもしれませんが

個人でイメージすると分かりやすい部分もあると思いますね。

前著と同じくとても分かりやすかった。


前著である『決算書はここだけ読め!』もそうだったのですが

素人でも非常にわかりやすく

事例を挙げながらキャッシュ・フロー計算書の解説をしてくれています。

参考:【読書】『決算書はここだけ読め!』

前著と同様におススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top