【雑記】子育て支援くじ?いやきちんと予算化してくださいよ!!

スポンサーリンク
Pocket

先日宝くじの記事を書いたばかりなのですが

参考:【雑記】宝くじが売れない?当たり前なんじゃないですかね。

また宝くじの話題です。

子育て支援で宝くじを出すそうですよ、HAHAHA!

おい、何の冗談だ?

スポンサーリンク

子育て支援くじ(仮称)の概要


正直なところ反対というスタンスなので

説明するのも面倒なのですが

概要をまとめると

  • 来年度(平成30年度)の4月中旬から「こどもの日」を含む5月上旬に発売
  • 販売額は40億円程度
  • 収益は16億円程度
  • 子育て支援くじ(仮称)により社会全体で子育てを支えているという機運が高まることを期待

だそうですよ。

還元率は60%ってことでいいんですかね。


当選金額等は明らかになっていませんが

元々売られているいわゆる「ジャンボ宝くじ」の

リターンは約50%ですから

それよりはマシっぽいです。

ただそれでも、まだまだ割に合いませんよ。

16億円程度の利益で何するの?


子育てというのをどこまでで考えるか

ということもあるかとは思いますが

義務教育年齢(15歳未満)の人口は

少子高齢化社会とはいえ1617万人いるということになっています。

※平成27年4月1日時点

16億円が収益ということで

こども一人当たりに均等で割るのであれば

ザックリと年間約98万円の予算がつけられるのかもしれませんが

それで何をするのかということが大事です。

その程度の金額で

保育園や幼稚園に子供を入れたい親が全員預けられるんでしょうか

子供の能力を活かす教育が出来るようになるんでしょうか

そもそもその保育や教育をする立場の

保育士さんや小中学校の教諭が

適正な報酬を得て余裕のある対応ができるのでしょうか。

正直素人考えでも難しいと思うんですよね。

そもそも宝くじでどうこうする問題ではない。


私は子育て真っ最中の人間ですので

そういう人間のポジショントークだと思ってもらっても構わないですが

子育て支援ということに関しては

宝くじでどうこうということではなく

日本という国の未来を考えても正規で予算化するべきだと考えます。

いまのままでは財源は足りないでしょう。

ですが私は消費増税については反対派ですので

今ある財源でかかりすぎなところから取ってくるしかないでしょう。

そう、老人たち向けの社会保障費を削って

子供たちに割り振るべきです。

別に全額割り振れといっているわけではないですよ。

ただでさえ100兆円規模の膨大な社会保障費なんですから

そのうちの1割程度を少し老人方には

我慢していただくとして

子供のための保育・教育関連の予算に回すだけで

こんな宝くじの収益なんぞ誤差程度でしかない金額の予算が付くでしょうよ。

宝くじで子育て予算をなんて言っているのは

政治の怠慢なようにしか感じません。

本当に子育てに力を入れたいのか疑問符が付きますよ。

子育て世代が困窮することなく

子育てに力を入れられるような制度を

望むことは間違っているんでしょうかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top