【雑記】仮想通貨でのトラブルが多発しているようですね。

スポンサーリンク
Pocket

ビットコインが予想通り分裂したことで

一般のマスコミでも

仮想通貨について報道されるようになっていましたね。

それぞれの詳しい内容まではチェックしていませんが

世間一般に認知されるようになってきたことに伴い

色々とトラブルも発生しているようです。

スポンサーリンク

トラブル事例の内容


よくあるのは毎度おなじみですがセミナー系の投資詐欺ですね。

公開前の仮想通貨について

「必ず値上がりする」とか

「高い配当が付く」とか

現実的にあり得ないような上手いこと言って

のぼせてしまったマネーリテラシーの低い人たちを

カモにしてお金を集めた後は

計画倒産か雲隠れするっていうお決まりのパターンです。

またビットコインではセミナーで知り合ったもの同士で

殺人事件が発生するなんてことも起きているようです。

こと金銭トラブルでは昔からビットコインに限らず

殺人事件や強盗、傷害事件などは発生していますので

これだけで「仮想通貨は悪」とは言いませんが

それでも殺人事件に絡んでしまうという状況まで

発生してくるとなると見過ごせないなどと

変な規制がかかってしまっても困ります。

仮想通貨への投資について

ある程度理解したうえで

急激に資産が増えてしまったりすると

その額にマネーリテラシーがついてこれずに

色々なトラブルになったりするんでしょうね。

強欲は身を滅ぼす


お金に関することについては、揉め事が発生すれば

どうしてもあまり良くない方向に転ぶものです。

ただ一つ言えることがあるとすれば

以前にも書いたかもしれませんが

仮想通貨は

あくまでも貨幣と同じで

道具でしかないので

それに価値を付与しているのは人間です。

価値があると全員が認めれば

それは価値のあるものになりますし

価値がないと判断されれば

その価値は下がるでしょう。

しかし本質的な価値を無視して

ただ値上がりするだろうから買うということでは

それはギャンブルと変わりません。

『投資で一番大切な20の教え』の

著者であるハワード・マークス氏も

「私の見解では、デジタル通貨は、人々がそれに対して支払う以上に価値がないものに価値を見いだそうという意思に基づいており、事実無根の一時的な流行に過ぎない、もしくはたぶんピラミッド・スキームにすぎない」

というコメントを出したようです。

参考:【読書】『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』

確かに仮想通貨の本質的な価値とは

どう計算するのかということはありますね。

仮に値上がり益を狙うとしても

きちんとした学習したうえで

投資なり資産運用をするべきです。

私も仮に投資を始めるとしても

一気に全額投資なんて当然しませんし

退場しない程度にとどめたところから始めますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top