【米国株】ゲームストップ(GME)株を購入しました。

スポンサーリンク
Pocket

毎月の収入から米国株投資の原資に回している分が

1,200US$を超えてきましたので

次の米国株を買いました。

今回はゲームストップ(GME)です。

21.3US$で73株購入しました。

スポンサーリンク

配当利回り7%


ゲームストップは

アメリカ、ヨーロッパ、カナダなどで

ビデオゲームの本体やソフトの

新作や中古品を取り扱ういわゆるゲーム販売店の大手です。

当初購入予定の株の中にはありませんでしたが

色々と米国株を調べていく中で

配当についてかなり高い水準まで来ていることを見つけた

というところがあります。

財務関係を見ても

業績は横ばいですが

極端に悪化しているわけでもなさそうです。

フリーキャッシュフローも黒字ですし

増配は厳しいかもしれませんが

年間利回り7%ってかなり魅力的ではないですか。

確かにAmazonとかでも

ゲーム機器やソフトは取り扱っていますから

ライバルは多いでしょう。

そういう意味では今後がっつり儲けるというのは

厳しいかもしれませんが

現状でも黒字を出せているわけですから

面白味はないかもしれないですが

着実な感じがしたんですよ。

今回買った株の不労所得見込み


年間配当は1株当たり1.52US$(2017年8月4日現在)

ということなので見込みとしては73×1.52で

今後は年間110.96US$が不労所得で入ってくることになります。

国内税金が引かれて、

年末調整で外国税額控除したとすると

約79.5US$が手取りかなと。

銀行預金などとは比べ物になりませんね。

ゲーム関係で気になる銘柄


個人的にはゲーム関係の銘柄としては

非上場企業でValve Corporationという

ゲーマーなら必ず利用しているであろう

ゲーム配信サービス「Steam」を

運営している企業があるんですけど

これが仮に上場するとなったら

IPOにも申し込みたいし

生活防衛資金を取り崩してでも

購入したいぐらいなんですけどね。

最近ではゲーム関連というよりは

AIとか仮想通貨のマイニング関係な感じがする

NVIDIAなんかも

2010年頃から比べてそれこそテンバガーになっています。

上がりすぎか?それともまだまだ初動なのかということを

考えると非常に気になりますね。

それはともかくとして

ゲームストップは株価は軟調なかんじですけど

業績としても極端に悪化しているわけでもなさそうですし

フリーキャッシュフローもまだ余裕がありそうなので

少なくとも減配せずにいてくれれば御の字です。

成長株も狙いたいですが

堅実に配当も積み重ねたいので

まずは学習しつつ

投資原資も遊ばせないようにしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top