【雑記】あと約2年で2%以上増やさないと手持ち現金価値が下落する

スポンサーリンク
Pocket

何の話をしているかお分かりでしょうか?

政府は消費税を2019年10月には

予定通り10%に引き上げるつもりだそうです。

正直支持率も低迷していることだし

景気もまだまだ本調子とは言えないので

再々延期やむしろ凍結してくれるのではないかと

期待していたんですが残念です。

スポンサーリンク

手取りが増えずに増税されたら可処分所得が減る。


何を当たり前の話をしているんだ

ということになりますが

2年後までに2%分以上手取りの所得を

引き上げてくれるのでしょうか。

消費者心理というのは不思議なもので

実際に消費税が上がるよりも前から

支出の抑制に走ってしまいます。

もしくは駆け込み需要ですかね。

駆け込み需要で発生する税収は

あくまでも将来的に見込めた税収から

前借りしているだけの気がしますし

個人としても予定していたけれど

前倒しでお金を使わざるをえないということで

本来そのお金で買われるはずだったものは

売れないということになっているのはないでしょうか。

可処分所得が減るというのは

資産運用のための投資原資も

それに合わせて減ってしまいますし

死活問題です。

消費増税すると税収総額が減る?


財務省のページへ行けば

グラフを見ることができますが

データからすると

消費税を増税してその単年度では

トータルとしての一般財源税収が増加していますが

その2~3年後以内には税収総額が減ってるんですよね。

※当然消費税額自体は増えていますが

全体としてみた場合の話をしています。

直近3年はなんとか減らずに済んでいるようですが

これはアベノミクスによる

景気上昇を下支えにしている感があるので

あくまでも仮定の話ですが消費増税がなければ

もっと税収は増えていたのではないでしょうか。

要するに消費税が増えると

消費を抑えようというベクトルが働きすぎるのでしょう。

それはそうですよね。

100円のものが

8%で108円が

10%で110円になるといっても

それほどではないかもしれないですが

たとえば3000万円で

家もしくはマンションを購入しようとした場合に

8%では3240万円だったものが

10%では3300万円になってしまって

60万円も差が出ます。

企業の設備投資なんかはもっと高額になりますから

それは慎重にならざるをえないでしょう。

結局お金が循環しづらくなると

経済が回りませんよね。

消費が減る→物が売れなくなる→モノの値段を下げざるをえない

→働いている人の賃金が減る→消費したくても消費できない

というデフレをまた発生させたいのでしょうか。

デフレなんぞ、もうウンザリだよ。

いくら日銀が物価上昇2%といったところで

先立つものがなければモノは買えません。

それともスタグフレーションでも起こしたいのでしょうか。

この辺りをなんで誰も問題視しないのでしょうか。

増税ありきでもの考えてるんじゃないですか。

たぶん調べないと出てこないということは

どこかの誰かさんにとっては不都合な真実なんでしょう。

安定した税収は大切かもしれないですけど

やっとまともな景気になってきたんだから

水差さないでくれというのが

まだ投資原資をサラリーで稼いでいる

投資家としての意見です。

とはいえその不景気を狙っている

投資家の方々もいらっしゃるでしょうからね。

年2%程度であればだれでも実現可能かもしれないけど。


給与所得を年2%で増やすことは難しいですが

手持ちの現金を年率2%で増やすぐらいだったら

各資産に分散されているインデックスファンドでも

買って放置しておくか

ディフェンシブな高配当株式でも買っておけば

よほど変なものに投資しない限りは実現可能だと考えています。

ただ前提としては

基本的に経済が緩やかにでも

右肩上がりな場合の話ですので

消費増税で景気が大幅に後退した場合には

投資原資を損してしまう可能性があります。

景気の大底で安くなった株式などを

買うことができれば

大きいチャンスなのかもしれませんが

景気予測ほど困難なものもありません。

そのために現金余力を残しておかないといけないのであれば

なおさら消費などしませんよ。

とりあえずは消費税が上がってしまうのであれば

年間2%以上の経費削減か

投資による資産運用益を上げるしかないので

そのための方策を色々と検討したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top