【投資】つみたてNISAのリーフレットが出来たようですよ。

スポンサーリンク
Pocket

常日頃から金融庁のホームページに

アクセスしているのですが

つみたてNISAのリーフレットが出来たようです。

詳細については

http://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20170614-2.html

のページのリーフレットを参照してください。

スポンサーリンク

オブラートに包んでいるけども


リーフレットでポイントとして

長期投資に向かない商品は除外

・運用期間が短い設定

・分配金が頻繁に支払われる

値動きの大きい複雑な商品も除外

・複雑な商品設計

・手数料の高いもの

とうたっている以上は

つみたてNISAの選外のものは

一部を除けばまともな投信ではないよ

といっているようなものですね。

【雑記】金融庁長官の「日本の資産運用業界への期待」を読んで思うこと

でも書きましたがこの辺の姿勢には

変更がないようですので

今のところは安心してみています。

小さなことからコツコツと


出来れば12で割り切れる数字にしてほしいのですが

毎年40万円がつみたてNISAの設定枠ということなので

これを基に一つシミュレーションをしてみましょう。

仮にゼロから毎月3万3千円を積立ていった場合に

複利で6%、非課税期間の20年ということで計算すると

20年後には投資原資が792万円に対して

運用益が約712万円になり

約89.9%の増加となります。

やはり複利の効果というものはすごいなと感心するしかありません。

そして運用益分は非課税になりますからその分のメリットもあります。

ただリーフレット自体では

当然ですが必ず運用益が出るわけではないので

その辺にコメントはされていませんけどね。

そろそろ対象商品も出揃ってくるはず


iFree S&P500 インデックスというのも

登場するようですし

低コストの優良なインデックスファンドになりえる

商品が増えてくれることを望みます。

※あくまでも運用開始されていないので

成績が分かりませんのでなりえるといっています。

とりあえずのところつみたてNISAでなくとも

上記のインデックスは購入する予定ですが

つみたてNISAにならうかたちで

あまり長期運用には適していない商品が

表に出てこない環境が形成されることを望みますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top