【雑記】節約ばかりだと疲れちゃうんで

スポンサーリンク
Pocket

基本的には結婚してからというもの

趣味に使うお金も減りましたし

本当に必要なもの以外については買わなくなりました。

参考:【雑記】投資の学習を始めたら不要な物を買わなくなった

嫁様も働き始めて

投資原資も本多静六氏が言っているレベルには回せる状態を

キープすることが容易になってきました。

参考:【読書】『私の財産告白』

ただですね。やっぱり人である以上、

多少物欲もありますし

節約節約とやっているのには

将来的な目的があるので良いのですが

ずーっと続けてると少々疲れてきてしまうのですよ。

スポンサーリンク

で、何を買ったのか


前置きはともかくとして、今回は家計の予備費から

約4万円を使わせてもらいました。

何を買ったのかというと

枕ですよ、枕。

寝るときに使うやつです。

知ってるでしょ?

今まで私が使っていた枕が流石に5年近く使っていて

汗ジミとかも落ちづらくなってきたのと

嫁様の枕もここ数年で息子にボロボロにされていたので

夫婦そろって買い替えることにしました。

流石に完全なオーダーメイドピローは

予算オーバーだったので

自宅でも簡易に高さ調整が可能な枕を購入しました。

また日々のメンテナンスは自宅でも可能ですが

購入した店舗に持ち込めば

高さ調整とか殺菌とかも無料でしてもらえますしね。

個人的には非常に良い買い物だったと思っています。

良い寝具を買うのは健康への投資だと考える


枕に数万円をかけるって高くない?

と思う方もいるかもしれませんが

私は結婚前から寝具だけは良いものを使おうという

スタイルで生きています。

だって考えてみてくださいよ。

一日のうち4分の1から3分の1程度は

睡眠にあてられるべき時間なんですよ。

言い換えれば人生の大半は寝て過ごしているのですから

出来る限り安眠できる環境を整えてやるというのは

むしろ健康面から考えても

非常に重要なことです。

例えば劣悪な環境で寝て体力が回復しないよりも

多少お金が掛かっても良い睡眠がとれて

翌日のパフォーマンスが向上するなら

結果的にはプラスですよ、プラス。

嫁様からは

「これは人を駄目にする枕だ」

(意訳:頭に当てるとすぐに眠くなる)

と言われたので成功でしょう。

必要なものは買いたい


投資による資産運用原資を最大化することは

非常に大切なことではありますが

そればかりに目を向けてしまって

本当に必要なものや欲しいものまで我慢するのでは

ストレスが溜まって疲れてしまいます。

今回は家計の予備費から出費していますが

目標があるのであれば

毎月コツコツと金額を積み上げていけば

買うことが出来るわけですから

予算設定と節約・消費を上手くバランスを取っていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top