【雑記】投資にも遊び心が欲しい

スポンサーリンク
Pocket

どうも最近、資産運用に関しては

ちょっと真面目にやりすぎている感があるので

もうちょっと遊び感覚も取り入れたいですね。

スポンサーリンク

大切なのは資産を増やすことだ。


どのような投資方法、資産運用方法をとるにせよ

投資家にとって大事なことは

自分の資産を如何に活用して増やし、

減らさないように防衛するかということ

なのではないでしょうか。

たとえ知識を学び真面目に取り組んでいても

資産が増えていなければ意味がないし

いわゆる勘どころを駆使しつつ遊び心満載だろうが

結果として資産が増えていれば

評価は二重丸なわけですよ。

少なくとも目的は投資による資産運用で

自分の資産を増やすことが目的なわけですから

学ぶことも大切なのですが

そればかりに集中して

頭でっかちにならないようにしたいわけです。

資産が増えればそれでいいのだけれども


少し資産運用について学習すれば

複利効果と定期積み立てを継続できれば

長期でみれば資産が増える確率が高いだろう

という方法はすぐに見つかります。

例としては

S&P500のインデックスファンドを

毎月定額積み立てて30から50年程度ほったらかしとくとかね。

確かにそれはもう定石といっても

いい方法なんでしょうが

なんかね、真面目すぎるんですよ。

真面目すぎると疲れるでしょう。

確かシーゲル先生も『株式投資の未来』で

推奨する株式ポートフォリオでの

インデックスファンドは

ポートフォリオの50%ぐらいって言ってますよ。

後は高配当戦略とかグローバル戦略とかを

組み合わせなさいと言ってるのは

多分インデックスファンドだけだと

退屈なんだと思いますわ。

参考:【読書】『株式投資の未来 永続する会社が本当の利益をもたらす』

ちなみに遊び心というのは

大佐さんのブログの

以下2記事みたいなことを言うんだと思います。

素敵女子とミサイル防衛を組み合わせられる

投資家もなかなかいませんよ(褒めてます)

肩の力抜いていきましょう。


そりゃあ明日にでも

クリーンな金が

銀行口座に5億円ぐらい入ってきたら

セミリタイアすること風の如くですけど

そんなことが起こるなら

苦労しないわけですから

地道に経験積みつつ

ちょっとした遊び心も取り入れながら

凡庸な投資家でも

それなりに資産が形成できることを

証明してみましょう。

非凡な投資家になれれば

それは最高ですけど

そこを目指すあまりに

意識が高くなりすぎても

肩に力入りすぎて

ボロボロになりそうなので(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top