【投資】iFreeS&P500インデックスをサクッと購入&積立設定

スポンサーリンク
Pocket

設定当初はマネックス証券でしか購入できなかったので

しばらくは様子見かなぁと思っていた

iFreeS&P500インデックスですが

特に目立った表示もなく

私のメイン証券であるSBI証券で

購入可能になっていたので

早速購入、および積立設定しましたよ。

スポンサーリンク

やっと積立できるS&P500連動インデックスファンドが


正直S&Pに投資するなら

VOO(バンガード S&P 500 ETF)とか

1557(SPDR S&P500 ETF)とか

の方が手数料が安かったりするわけですが

毎月自動で積立設定したりは出来ないわけですよ。

放っておいても

投資原資さえ入れておけば

積み立て忘れることのないインデックスファンドが

中々できないなぁと思っていたところで

やっと設定されたiFreeS&P500インデックスは

素直に嬉しいと感じています。

ただどうも証券会社が

あまり乗り気でない気がするのは

気のせいでしょうか。

マネックスもSBI証券も

取り扱いの事前に公表とかありませんでしたし

顧客本位に考えれば

投信設定日にSBI、マネックス、楽天等のメジャーなネット証券では

発売開始されていてもおかしくないような気がしたんですがね。

 

米国個別株にも投資しているけれども


米国の個別株式にも投資しているのだから

わざわざS&P500に連動したインデックスファンドを

購入する必要があるかとも考えたりもしましたが

それはそれ、これはこれです。

定期的に円をドル転換して

値上りや配当狙いの個別株を購入したりするのも

楽しいですが

日本円でサクッと毎月積立が実施できるという

メリットは大きいと考えています。

それに個別株のパフォーマンスとも比較しやすいかなぁと

※今のところIBMとかGMEのおかげで負けそうな予感ですが(笑)

個人的にはつみたてNISAでの購入投信候補


iFreeS&P500インデックスが

つみたてNISAの対象商品として選ばれるかどうかは

今のところは何とも言えませんが

選ばれる可能性は高いのではないかなぁと考えています。

オマハの賢人が言っていた通りの結果

(資産を増やすならS&Pのインデックスファンドを購入して寝ていればいい)

になるかどうかも含めて

S&Pのベンチマークが

長期投資ではリターンが期待できるものとして

最長20年間お付き合いしていこうかなぁと考えていますよ。

個人的にはiTrust 新興国株式も

つみたてNISAの対象になってほしいのですが

こちらはちょっと難しそうなので。

いずれにせよインデックスファンドへの積立は

明鏡止水の境地に立ち、

一時的に大幅下落しようが何をしようが

最低10年以上積み立ててみなければ

どうなるか分かりませんので

コツコツと実施していきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top